1 健康長寿 14痛風

アルコールの多飲は慎む【痛風改善】

image

●プリン体を大量に含むビールは控える

アルコール飲料を飲むと尿酸値が上がります。

アルコールが体内で分解される時に尿酸が作られ、

その際にできる乳酸が体内に尿酸を蓄積させるからです。

 

どのアルコール類でも代謝されるときに尿酸値は

上がります。

尿酸の素になるプリン体含有量はお酒の種類によって

いくらか違いがあります。

 

ビールは特に多く、一方、ウイスキー、ブランデー、

焼酎などの蒸留酒は、比較的少ないのです。

さらにビールは、高カロリーなので、肥満を促進する

など、痛風患者にはすすめられません。

 

痛風患者は、できれば飲酒は避けた方がよいのです。

しかし、アルコールには精神的にリラックスさせる

作用があります。

 

どうしても飲酒をやめられない人は、適量を厳守

することが大事です。

 

飲酒量は、1日の総エネルギーの1割以内にとどめます。

また、1週間に1~2日は、休肝日をつくることです。

 

アルコールのプリン体含有量

ビール   4.35~6.86mg

地ビール  6.66~16.65mg

発砲酒   2.84~3.83mg

ウイスキー 0.12mg

ブランデー 0.38mg

焼酎(25%) 0.03mg

ワイン   0.39mg

やはり、痛風の方は、ビールは避けるべきですね。

 

-1 健康長寿, 14痛風