1 健康長寿 14痛風

 適正エネルギーを摂る【痛風改善】

image

痛風の食事療法で、強調されるのは、エネルギーを

摂り過ぎないことです。

 

特に肥満を合併している場合は、減量を目標にします。

肥満になると尿酸の排泄量が低下し、減量すると多くなる

ことが分かっています。

 

肥満の判定は、BMIの数値で判断しましょう。

18.5~25が普通です。

 

肥満でない方は、1日およそ1800kcalの食事を基準とします。

肥満の方は、1日1600kcalとして、徐々に減量します。

 

急激な減量は、良くありません。

1ケ月に2kg減ぐらいのペースを目標にしましょう。

 

●栄養バランスのよい食事

適正なカロリーを摂取していても、栄養的な偏りがあると

効果的な食事療法になりません。

 

よくカロリー制限のために、炭水化物の摂取を極端に

減らす人がいますが、結果的に高タンパク、高脂質の

食事になりがちで、逆に生活習慣病を促進します。

 

1日の摂取カロリーのうち、

・炭水化物  50~60%

・タンパク質 15~20%

・脂質    20~30%

の割合で摂取するのが理想的と言われています。

yjimage

人間の体はうまくできていて、体が要求する栄養素を

過不足なく摂ると、必要以上に要求しなくなるのです。

 

1日3食の食事で、バランスの取れた食事を調整する

ようにするとよいのです。

 

また、3度の食事を規則正しく摂ることも重要です。

 

-1 健康長寿, 14痛風