15神経痛

坐骨神経痛の主な原因

2016/06/04

yjimageQJTPK5YX

高齢者に多い

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」と

若い人に多い「腰椎椎間板ヘルニア」が2大原因です。

 

●同じ坐骨神経痛でも原因となる病気は異なる

下肢のしびれや痛みを伴う坐骨神経痛は、脊髄や脊柱管の変形に

より、馬尾(ばび)や神経根が圧迫されて起こります

 

その原因は、腰椎の病気が主です。

もっとも多い腰部脊柱管狭窄症は50歳以上の中高年に、

次の腰椎椎間板ヘルニアは40歳以下の若い人にみられます。

高齢者では、この2つが合併することもあります。

スポンサードリンク

●見分け方は簡単

腰を後ろにそらしたときに下肢が痛む、あるいは痛みが増すような

腰部脊柱管狭窄症。

bf3e117ab9b0880956cfb3f57fe343c5

腰を前に曲げると腰痛があり、足を高く上げ

ると下肢が痛むようなら腰椎椎間板ヘルニアです。

482C282CC90H95i83O838B815B83v

腰をそらせる動作は脊柱管を狭めます。

そのため、腰部脊柱管狭窄症の人は痛みが強くなるのです。

前かがみになると痛みが楽になるという人は、腰部脊柱管狭窄症が

強く疑われます。

 

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなって神経を圧迫するのです。

p08

進行すると「間欠跛行」という症状が出ます。

これは、歩いているうちに腰から下肢にかけて痛みやしびれがあら

われ、歩けなくなりますが、しばらく休めば痛みが軽減し、また

歩けるようになることです。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板が飛び出して神経を圧迫します。

95-2_2

しかし、これといったきっかけが見当たらないこともありますが、

力仕事をする人などに多く見られます。

 

一般的には、20歳を過ぎると椎間板の老化が始まり、弾力性を失う

ことが原因といわれています。

椎間板が脊柱管側(後ろ側)に押し出され、馬尾や神経根を圧迫する

ために、坐骨神経痛が起こります。

わたしも坐骨神経痛を経験しましたが、ひどくなると歩くとズキン

と痛んでつらかったことを覚えています。

スポンサードリンク

-15神経痛