1 健康長寿

熱中症の予防と対策

yjimage

熱中症の事故は、炎天下ではなくても、突然気恩が上昇した日や

梅雨明けの蒸し暑い日など、体に暑さに慣れていない時にも起こり

やすいのです。

重症の場合、命に危険が及ぶこともあります。

いざというときの対処方法をしっておきましょう。

 

●熱中症とは

熱中症とは、高温多湿の環境下で、体内の水分および塩分の

バランスが崩れたり、調整機能が破たんして発症する障害の総称。

熱中症

●熱中症の症状

1度 めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗

2度 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感など

3度 意識障害、けいれん、体が熱い、まっすぐ歩けないなど

 

●予防方法

・高温多湿の作業場では、日よけや風通しをよくする。

・冷房のある休憩場所を設ける。

・定期的な水分や塩分の補給。

・作業服は、通気性のよいものを着る。

・直射日光の下では、通気性のよい帽子を着用する。

・睡眠不足、体調不良、前日の飲酒、朝食抜きなどに注意。

 

●熱中症が発症したとき

・あらかじめ、病院の所在地や連絡先を把握しておく。

・少しでも異常が見られたら救急手当を行う。

・呼びかけに対する返事がおかしいなどの意識障害がある場合は

直ちに医療機関へ搬送する。

yjimage4IW95E9C

 

●救急手当ての方法

・涼しい日陰か、冷房が効いている部屋などに移す。

・衣類をゆるめて、体から熱の発散を助ける。

・扇風機の風邪に当てたり、氷嚢があれば、首、わきの下、足の付け根に当てる。

・水分や塩分を摂らせる。

熱中症で、重病になることもありますから、十分注意しておいてください。

 

予防することが大切です。

-1 健康長寿