7 高血圧

高血圧の人は朝に注意

image

朝、目が覚めたらすぐ起き上がるという動作が、血圧を上げて、

心筋梗塞などの発作の引きがねになることもあります。

 

これがなぜ危険かといえば、起床時には、

1.血圧を上げるカテコラミンというホルモンが副腎から血液中に分泌される。

2.睡眠時の発汗により体内の水分が失われているため、血液の粘度が高まる。

3.血液を固める血小板が、目覚めるとともに働きが増して、血栓をつくりやすくする。

 

このように、朝の寝起きには、脳梗塞や心筋梗塞の発作を起こし

やすくする悪条件が重なっているのです。

yjimage8BUKGESO

●目が覚めたら、布団の中で大きく深呼吸する。

この起床時の危険を避けるには、体を徐々に目覚めさせ、動かし

始めることが大切です。

一番簡単な方法は、起き上がる前に布団の中で深呼吸(腹式呼吸)

することです。

 

深呼吸のポイントは、息を吐いたときにお腹をへこませ、

息を吸ったときにお腹をふくらませること。

この深呼吸を、起き上がる前に5回ほど繰り返します

 

そして、ゆっくり起き上がるようにしてください。

朝は、急激に動かないようにすることが、大事なのです。

朝食もできるだけ、ゆっくりと食べるようにします。

 

-7 高血圧