1 健康長寿

夏バテの原因と対策

yjimage

●夏バテの原因

暑さ、だるくなり、頭もよく働かない。

そんな夏バテは、暑さの調節がうまくできないことによって起こります。

 

人の体には恒常性といって、外気が暑くてもそのまま体温まで上がってしまわないように、外気が寒くてもそのまま体温が下がってしまわないように、体温を一定に保つ機能があります。

暑いときには、自律神経が汗腺を開いたり、血管を広げたり、呼吸や脈拍を調節して、体温を調節します。

熱い戸外とエアコンが効いた室内を出たり入ったりして、急激な気温差を繰り返すと、自律神経の調子が乱れて、暑さ調節がうまくできなくなります。

yjimageWA2C33U5

体温を下げる際には、汗をかいたり、排尿したり、と水分に熱を載せて排出することが多いため、体内の水分が不足していると、暑さ調節ができないのです。

汗腺を開いたり、血管を拡げたり、呼吸や脈拍を調節するには、エネルギーやビタミン、酵素を使うため、これらの栄養が不足すると、暑さ調節ができず、熱が内にこもってしまいます。

yjimage5OX3F6UL

体温調節のためにビタミンなどの栄養素がたくさん使われ、他の季節以上に栄養を摂る必要があるのに、食欲不振のため、夏は逆に栄養素が不足しがちです。

 

●夏バテ対策

暑さ調節に必要な水分を摂るほかにも、夏バテ対策はいくつかあります。

まず夏の食欲不振の原因の1つである胃腸の疲れ対策が大事です。

冷えたビールや冷たいアイスクリームなど、冷たい飲み物や食べ物をとることで、内臓を冷やして、働きを悪くしていませんか?

食欲がないからと、口当たりのいい冷たいものを口にしないで、きちんと栄養をバランスよくとりましょう。

yjimageHMA7I9IR

エアコンは使わないほうがいいといっても、猛暑の場合にはある程度室温を下げないと熱中症になってしまいます。

28度設定など高めの温度設定がおすすめです。

そうは言っても、冷房の効いた電車や銀行などに入らざるを得ないときもあります。

その場合には汗を一気に冷やして体を冷やさないように、冷房の効いた場所に入る前に首筋などの汗をしっかりと拭いてから入るようにしましょう。

会社のエアコンなどは営業マンなど外の暑いところから帰ってきた人の好みで、低く設定されがちです。

エアコンの設定温度が低く設定されている室内で、じっと座って仕事をするときは温かい下着やひざ掛けを利用するなどして、寒さ対策を図りましょう。

yjimageNU4OY0R6

エアコンなどで冷えてしまったと感じたときは、ぬるめのお風呂にじっくりつかって、汗をかくようにしてください。

冷たいものは、控えめにすることが大切です。

 

-1 健康長寿