1 健康長寿 9 コレステロール

知っておきたい動脈硬化の病気

yjimageT9K0CT2Q

症状がないままに、重要な合併症が進む病気を知っておこう。

脂質異常症のこわい点は、自覚症状がないうちに血管の動脈硬化を

進行させることです。

 

動脈硬化は、全身の血管におきます。

心臓の血管で進行すれば、心筋梗塞や狭心症が、脳の血管で進行

すれば脳梗塞が起きるほか、さまざまな病気の原因となります。

 

動脈硬化による病気は、以下のとおりです。

 

【首】頸動脈狭窄症(けいどうみゃくきょうさくしょう)

首にある頸動脈が動脈硬化で狭くなって、血流が悪くなる。

そこにできた血栓が脳に流れると脳梗塞の原因となる。

全身の動脈硬化進行度の目安になる。

 

症状のないことが多いが、進行するとめまいや脳梗塞の症状が出る。

 

【腎臓】慢性腎臓病

糖尿病や高血圧、腎臓の血管の動脈硬化などで、血液をろ過する

腎臓の機能が低下していく。

進行すれば、人工透析が必要になります。

 

症状は、たんぱく尿、血尿、むくみなど。

 

【大動脈】大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)

心臓から血液が送り出される大動脈にアテロームが原因のこぶが

できる。

こぶが破裂すると、命にかかわることもある。

 

ほとんど症状はないが、破裂すると胸やおなか、腰に激痛がおきる。

※アテローム(コレステロールの固まり)

 

【脳】脳梗塞

脳の動脈がつまり、その先の脳細胞が壊死する。

アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞、不整脈が原因の

心原性脳塞栓症があり、特に前者2タイプは動脈硬化がかかわって

おきる。

 

症状は、

突然、体の片側がまひする。

ろれつが回らなくなる。

視野が欠けたりする。

・アテローム血栓性脳梗塞

太い血管にできたアテロームをおおう膜が破れ、血栓がさまって

おこる。

・ラクナ梗塞

細い血管の内腔が主に高血圧によって細くなって起こる。

細い血管の根元の動脈硬化が原因となることもある。

 

【心臓】心筋梗塞・狭心症(冠動脈疾患)

心臓を取り巻く2本の冠動脈は、心臓の筋肉(心筋)に酸素や栄養

を送っている。

・狭心症

動脈硬化やけいれんによって冠動脈の内腔が狭くなり、血流が

悪化し、心筋が酸素不足になる。

 

胸がしめつけられるような痛み、5分程度でおさまることが多い。

体を動かしたときや、安静時に起きることもある。

・心筋梗塞

血栓が冠動脈につまって血流がとだえ、その先の心筋が壊死する。

激しい胸の痛みが30分以上続く。

 

息苦しさが起こることもある。

糖尿病があると、痛みを感じないこともある。

 

【脚】末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)

動脈硬化によって、主に脚の動脈の内腔が狭くなったり、つまった

りして起こる。

歩いていると脚が痛み、しばらく休むとまた歩けるようになる。

足先の冷え、しびれなどもある。

進行すると足の切断が必要になる。

yjimage0CODH0Y5

これらの病気は命にかかわることも少なくありません。

発症を防ぐには、脂質異常症をはじめとする動脈硬化の危険因子

を減らすことが大切です。

定期的に検査をしましょう。

 

-1 健康長寿, 9 コレステロール