8 がん

がんを防ぐための新12か条

yjimage

がんの予防法は、国立がん研究センター研究所が1978年に

「がんを防ぐ12か条」として発表しました。

 

実はこのとき発表されたものは、世界保健機関(WHO)が

作成したものをそのまま引用していました。

しかし、がんは生活習慣に密接にむすびついている病気です。

国や地域で生活習慣や環境が大きく異なりますから、

日本には日本の生活習慣を踏まえた予防法が求められます。

 

そこで2011年に、三十数年の時を経て、発表されたのが

新しい「がんを防ぐための12か条」です。

日本人を対象とした疫学調査や、現時点で科学的に妥当な

研究方法で明らかとされている証拠を元にした、科学的

根拠に基づく、日本人のための予防法です。

 

なお、がん予防法に、これさえ守れば、あるいは、これさえ

食べれば、はたまた、これさえしなければ、がんにならない

という方法はありません。

 

日々の食事や生活習慣を、ストレスにならない範囲で

改善していくことが大切です。

 

●2011年の「がんを防ぐための12か条」は次の通りです。

1条 たばこは吸わない

2条 他人のたばこの煙をできるだけ避ける

3条 お酒はほどほどに

4条 バランスのとれた食生活を

5条 塩辛い食品は控えめに

6条 野菜や果物は豊富に

7条 適度に運動

8条 適切な体重維持

9条 ウイルスや細菌の感染予防と治療

10条 定期的ながん検診を

11条 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を

12条 正しいがん情報でがんを知ることから

 

どこかに貼っておくとよいかもしれません。

 

-8 がん