1 健康長寿

珍しいお茶や飲み方

ぼてぼて

●泡立てて飲むお茶

お茶を泡立て、穀物や豆、漬物を入れて食べるお茶が

あります。

 

代表的なのが島根県松江市の「ぼてぼて茶」です。

ぼてぼて茶は、番茶を煮たものに塩を加えて泡立て、赤飯や

黒豆、漬物などを入れて食べるもので、奥出雲の製鉄職人の

間食に由来するとされています。

 

「ぼてぼて」は番茶を泡立てるときの音を表すともいわれ、

現在は松江市内の茶店や郷土料理店で食べることができます。

ぼてぼて茶と同様に泡立てて飲むお茶には、沖縄県那覇市の

「ブクブク茶」、富山県朝日町の「ばたばた茶」などがあり

ます。

 

●発酵させるお茶

日本茶のほとんどは不発酵茶ですが、各地には微生物を

使って発酵させるお茶がわずかながら存在します。

これは微生物による発酵過程を経て作られる「後発酵茶」に

当たり、高知県大豊町の「碁石茶」、徳島県上勝町・那賀町

の「阿波番茶」がよく知られています。

 

他に、岡山県美作市の「美作番茶」、前述した「ばたばた

茶」も同様に微生物による発酵過程を経て作られるお茶です。

これらのお茶は、いずれも独特の香りと味を持っていること

が特徴です。

例えば碁石茶は、漬物と同様に乳酸菌を使って発酵させる

ため、ほのかな酸味と漬物に似た味を持っています。

 

碁石茶の主な消費地は高知県ではなく、伝統的に瀬戸内地方

で「茶粥」に使われています。

これは瀬戸内地方の塩分を含む井戸水との相性が良かった

ためといわれています。

 

●好みのお茶を求めて

これまで紹介してきたように、世界には多くのお茶がありま

すが、日本茶だけでもこれだけの奥深い世界が広がっている

ことが分かるでしょう。

また味も種類も多種多様であり、各地の歴史や風俗と密接に

結びついているお茶も多くあります。

 

観光などで旅行する際、テーマのひとつとして「お茶」を

据え、自分の好みに合ったお茶を探したり、名所探訪、食事

や土産探しなどを楽しんでみると、今まで見えてこなかった

お茶の楽しみに気付くのではないでしょうか。

-1 健康長寿