21ウォーキング 5 若返り

ウォーキングは老化を防ぐ秘訣です!

2016/05/06

ウォーキング2

ウォーキングでヘルスアップ

バランスのよい食事とともに、毎日の体づくりを生活習慣

の中に取り入れましょう。

ウォーキングは体の老化を防ぎ、心身両面のヘルスアップ

に役立つ最も手軽で安全な有酸素運動です。

歩き出すと足腰の筋肉は血液の酸素を利用し始め、

全身の血液循環を促します。

これにより、脳にも新鮮な酸素が送り込まれ、脳の働き

が活発になるため、認知症予防にも効果があります。

そのほかにも次の効果が期待できます。

 

●足腰の強化と転倒・骨折予防

●善玉コレステロールの増加と動脈硬化を予防

●インスリンの働きをよくし、糖尿病の予防

●消費カロリーを増やし、肥満の予防

●毛細血管が増え、血圧を安定させる

●ストレスを解消し、うつ状態を予防

 

毎日歩く習慣が大切です。

ウォーキングは週に3回以上、できれば毎日歩くことを

習慣にしましょう。

1分間に100歩程度歩くことを目標にして、まず10分間

歩いてみます。

マイペースで余裕をもって歩けるようになったら、1日の

歩数を5000歩~1万歩と少しずつ増やしていきます。

アンチエイジングに運動は欠かせません。

 

ウォーキングは取り組みやすいので、すぐにでも始めて

習慣化することが大事です。

 

-21ウォーキング, 5 若返り