7 高血圧

高血圧の改善 「本気の減塩食」を試す

げんえんれしぴ

塩分の少ないメニュー選びや余分なものを残すことが

習慣化してきたら、次のステップへ進みましょう。

 

自分で調理すれば、塩分量をコントロールしやすく

なります。

だしをしっかりとる、こしょうや唐辛子を使う、

副葉を薄味にして主葉はしっかり味をつけるなど、

減塩しながらおいしく食べる方法はたくさんあります。

 

まず、現在の塩分量を計算してみます。

食品や調味料などの栄養成分表を確認して、1日の

塩分量を計算します。

自分のとっている塩分量がわかったら、それを1日

合計で6gまでに減らします。

 

ただし、永続的にではなく、期間限定とします。

一時的であれば、実施できるからなのです。

場合によっては、休日だけでもかまいません。

 

1日~3日継続できたら、血圧の変化を見てみます。

塩やしょうゆはなるべく使わないようにして調理し、

実践した中で継続できそうなものがあれば、すぐに

実行していくようにしましょう。

えんぶん

目標とする塩分量を、1日6gとして、調理することを

定期的に実践して日常生活に少しずつ取り入れるように

していけば、徐々に習慣化して、減塩食になれてくる

ようになります。

 

あくまでも、無理はしないことが大切です。

 

-7 高血圧