7 高血圧

高血圧の改善 朝食メニューの減塩スタート

2016/06/04

げんえん2

高血圧を下げる習慣は、朝食で減塩を心がけることです。

塩分過多の食生活は、高血圧をまねきます。

 

減塩というと「大変そう」「おいしくないのでは」と

思われがちですが、そんなことはありません。

できることから苦痛を感じない程度にチャレンジして

いけばよいのです。

 

減塩の一歩は、朝食のメニューを一品替えることから。

とくに塩分の多い食べ物を別のものに替えてください。

そこから徐々に減塩対策を広げていきます。

スポンサードリンク

●惣菜パン・レトルト品を替える。

出来あいの食品は、塩分過多の傾向がある。

とくに惣菜パンやレトルト品は味付けが済んでいて、

塩分をカットしにくい。別のものに替える。

 

●汁物は具を食べ、汁を半分残す。

味噌汁やスープなどの汁物は汁を飲み干すと塩分を

多く摂ってしまいます。

汁を半分残せば塩分カットになる。

次に塩分の多いものをさけ、塩分の少ないものに替えて

いきます。

 

●塩分の多いもの

・ハムやベーコン

・漬物、特に危険なのは梅干し

・佃煮や塩辛

・たらこ、いくら

・塩サケ、あじの開き 等

 

●塩分の少ないもの

・蒸し野菜、塩分控えめの煮物

・納豆(付属のたれは塩分が多い)

・白米、玄米

・豆腐は冷奴や湯豆腐がよい

・ねぎ、みょうが、唐辛子、しょうが

 

食べ物の塩分量を知ることが大切です。

少しずつ減塩に挑戦していきましょう。

スポンサードリンク

-7 高血圧