7 高血圧

高血圧の危険な習慣-ストレス

2015/04/03

ストレス

高血圧と関係が深い生活習慣といえば、食事です。

塩分のとりすぎが、高血圧をまねきます。血圧を全体に

底上げし、特に夜間血圧への影響が強く出ます。

 

過度のストレスがあると、体を緊張させ、血圧を上げます。

さらに、ストレス解消のために間食したり、夜食、寝酒

などの余分な飲食になりがちです。

 

そしてこれが習慣化してくると、夜間高血圧の大きな

要因となるのです。

 

特に危険なのが、さまざまな会合などで、食べてはいるが

量は少ない、塩辛くないと認識して、まったく問題意識の

ない人です。

 

実際には、食べ過ぎているのです。

ストレス解消法が、塩辛いものや甘いものを食べることが

心の癒しになっている場合は、高血圧がどんどん進んで

しまいます。

 

このような場合、塩分を減らすことが重要です。

 

ストレス解消法を食べることではなく、他の手段で

行うようにしたいものです。

 

-7 高血圧