5 若返り

肌も髪も瞳もケアできる「卵」の簡単レシピ

たまご

朝食には欠かせない「卵」。

美と健康にストイックな海外モデルも卵を食べる人が

急増中なのだそうです。

 

卵は女性ホルモンの材料となるだけでなく、

美しい髪を作るビオチンやキラキラ瞳を作るルテインなど、

美しくなれる成分が豊富に含まれている食材です。

そんな魅力たっぷりな卵の簡単レシピをご紹介します。

 

茹でるだけ!簡単ゆで卵レシピ

 

●失敗しない!半熟卵

沸騰したお湯に常温に戻しておいた卵を入れて、7分。

黄身が半熟のゆで卵の出来上がり!

[ポイント]

必ず卵は常温に戻した状態で作りましょう。

お鍋の大きさや卵の数によっても、仕上がりが多少

異なります。

 

●卵ピクルス

固ゆでにした卵を、ピクルス液に漬けて冷蔵庫で

保存するだけ!

ゆで卵のままでは、あまり日持ちがしませんが、

ピクルス液に漬けることで保存食になります。

直ぐに食べることも出来ますが、日を置くと味が

馴染んで更に美味しくなります。

[ポイント]

ゆで卵の余分な水分はしっかりふき取ってから漬けましょう。

必ず煮沸消毒したビンを使いましょう。

 

●味噌漬け卵

ゆで卵を味噌に漬けて、冷蔵庫で保存。

2-3日置けば出来上がり!

味噌に、みりんや酒粕を加えて味噌床を作って

漬け込むのもおすすめです。

[ポイント]

ゆで卵の余分な水分はしっかりふき取ってから漬けましょう

漬け込む容器は煮沸消毒するか焼酎などで消毒してから

使いましょう。

 

ゆで卵なら、忙しい朝でも、お弁当としてランチに

持って行くのも簡単!

1日1個の卵を習慣にしてみては、いかがでしょうか。

 

-5 若返り