5 若返り

歩くことを習慣化する

ジョギング

まずは、始めることが大切です。

すぐにでもウォーキングを始めてください。

 

そして、それを習慣化することが大事です。

どこでもよいのです。

近所でも、公園でも、ウォーキングマシンでも、

始めたら週3回は必ず行うようにしてください。

 

体を動かす気持ちよさを実感し、このまま続けられそう

だが、少し物足りないと思ったら、次のステップへ

進みます。

 

それは、ある程度つらく感じるレベルの運動強度です。

運動が死亡率を減らす強力な因子であることは、すでに

ご紹介したとおりです。

 

さらに、ある程度の強さを持った運動をすると、より

死亡率が低くなることが分かりました。

つまり、もう少しだけ「つらさ」を感じる運動をする

ようにしていきます。

 

しかし、注意しなくてはならないのは、激しい運動は

逆に死亡率を高める結果になるということです。

 

●歩くときには目と肌の紫外線対策が必要

屋外でウォーキングする場合に気をつけなくては

ならないのが、紫外線による弊害です。

紫外線により、皮膚のの老化が進んでしまいます。

 

日光を浴びる職業の人の顔に深いしわが刻まれている

のは、このせいなのです。

日に焼けた肌が健康的というイメージは間違っています。

 

日焼けを続けていると、皮膚の張りがなくなり、しわや

シミが増えて、実年齢よりもはるかに老けて見られます。

そして、オゾン層の破壊が進んでいる現在では、皮膚がん

の増加も問題となっています。

 

紫外線は目にも影響を与えます。

屋外では、日焼け止めを塗る、サングラスをかける

などの紫外線対策を必ず心がけてください。

 

若さを保つために老化が進んでは何もなりませんね。

 

-5 若返り