1 健康長寿

目の老化を防ぐ方法

さんぐらす

老眼ばかりでなく、蚊のようなものが常に見える飛蚊症

なども目の老化現象の1つです。

 

心がけ次第で老化は遅らせることができます。

一番気を付けたいのは、紫外線を目に受けないように

することです。

 

太陽のほうを直接見るのを避けることはもちろんですが、

できるだけサングラスで紫外線をカットするように

しましょう。

 

サングラスは真夏の海や山、冬のスキー場などだけで

使うものではありません。

紫外線が強い季節と考えると8月頃をイメージするかも

しれませんが、意外に紫外線のピークは7月で、

5月と9月が同じくらいで、6月のほうが8月よりも紫外線は

強い季節です。

 

サングラスというと、色の濃いものがいいと思いがちですが、

実は色が薄いほうが紫外線の影響を抑えます。

紫外線の強さと光の強さを同じだと考えがちですが、

それは間違っています。

 

色の濃いサングラスは光が遮られ、暗くなるため、

瞳孔は開き気味になり、紫外線を目に多く入れてしまいます。

色の薄いサングラスでは光が遮られない分、瞳孔は縮み、

紫外線は目の中に入りづらくなります。

 

紫外線は様々な方角から目に飛び込んでくるので、

ゴーグル型のサングラスは目を守るには最適です。

 

しかし、普段はゴーグル型はかけにくいでしょう。

一般の形のサングラスなら、できるだけレンズが大きな

ものを選ぶといいでしょう。

 

紫外線をしっかりとカットしてくれるのは、色の薄い、

大きめのサングラスです。

色が薄ければ、普段でもかけやすいので、その点からも

おすすめできます。

 

正しいサングラスで目を守りましょう。

 

-1 健康長寿