1 健康長寿

メタボリックシンドロームで記憶力が低下

めたぼ

高齢になると、物忘れのたびに「認知症では?」と

不安になる人も多いでしょう。

 

不安になる場合のほとんどはただの物忘れです。

物忘れの場合、忘れたことは分かっており、

なにかしらきっかけやヒントがあれば、時間はかかっても

思い出すことができます。

 

認知症の場合には、忘れたという自覚がなく、

ヒントがあっても追い出すことができません。

 

加齢により記憶力が衰えることはありませんが、

認知症になって記憶力が失われることはあります。

認知症の原因の1つであり、近年増えてきているのが、

血管の病気です。

 

脳に酸素などを送り込む血管に障害が起こることによって、

次第に記憶する部分の脳に障害が起きて、認知症を発症

しやすくなります。

 

血管の障害を起こすのは、高血圧、高血糖、中性脂肪や

悪玉コレステロールの値の高さ、善玉コレステロールの

値の低さです。

 

メタボリックシンドロームが認知症を招くのです。

 

-1 健康長寿