1 健康長寿

鼻血の正しい止め方

はなぢ

 

鼻血が出た場合の対応法を間違えている人が

少なくありません。

 

鼻血が出たときに、鼻血がこぼれないように上を

向きがちです。

しかし、上をむくと、鼻血がのどに流れ、吐き気を

感じたり、時には嘔吐したりすることもあります。

 

鼻血が出たときは決して上を向かないでください。

 

また「うなじを叩くと鼻血が止まる」と信じている人も

いますが、これは迷信です。

叩いた衝撃で鼻血がひどくなることもありますので、

決してやらないでください。

 

鼻血が出たら、のどに鼻血が流れないように、

逆に前かがみになります。

 

横になるときも、頭の位置を高くするようにしてください。

そして綿やティッシュを小さく丸めて鼻の入り口に詰め、

小鼻を親指と人差し指で3分から15分間、押さえ続けます。

 

骨のある硬い部分ではなく、柔らかい小鼻の部分を

抑えてください。

 

これでほとんどの場合、鼻血は止まります。

 

それでも鼻血が止まらない、単なる鼻血とは思えない

場合には、すぐに受診しましょう。

 

鼻以外に原因がある場合でも、最初は耳鼻科に行くのが

基本ですね。

 

-1 健康長寿