1 健康長寿 18スーパーフード

注目の「スーパーフード」をチェック!

2016/04/11

yjimage

自然のサプリメントともいえる「スーパーフード」。

栄養・健康成分をたっぷり含んだスーパーフードを、

『美的』2月号で「話題のスーパーフード大辞典」として

掲載しています。

 

スーパーフードとは、

栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が

高い食品であること。

あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して

多く含まれる食品であること、

一般的な食品とサプリメントの間にくるような存在で、

料理の食材としての用途と健康食材としての要素を

併せ持つこと。

 

スーパーフードのご紹介です。

 

●アボカドオイル

アボカドの果肉のみを絞って作られるオイルには、

悪玉コレステロールを下げるオレイン酸が豊富に入って

います。

トランス脂肪酸がゼロで、高い抗酸化から“抗酸化油”

とも言われます。

 

【注目の成分】オレイン酸、ビタミンE・A・B群、

クロロフィル、ルテイン

 

【おすすめの食べ方】クセのない味で、生のまま

ドレッシングにしたり、パンにつけても良い。

加熱もできるのでどんな料理にも使える。

 

●ルイボスティー

ルイボスがマメ科の一種。

南アフリカ共和国では“不老長寿のお茶”として親しまれ、

アンチエイジングに効果的。

腸内環境を良くするため、便利解消やダイエットにもよい。

 

【注目の成分】フラボノイド類、ミネラル

 

【おすすめの食べ方】お茶としてそのまま飲むのが一般的。

ミルクやレモン、はちみつなどを加えてもおいしく飲める。

 

●酵素玄米

美意識の高い女性の間で話題の酵素玄米は、炊きあがった

ものを3~4日寝かせて食べるという食べ方が特長です。

寝かせることでアミノ酸の一種であるギャバが増加。

デトックス効果が期待できます。

 

【注目の成分】ビタミン、ミネラル、食物繊維

 

【おすすめの食べ方】炊いて1日目から食べられるが、

3~4日目からもちもち感とうまみや甘みが増して、

おいしさもアップする。

 

●クコの実

ビタミンやミネラル、たんぱく質が多く、心と体の疲労を

回復する効果がある。

薬膳では滋養強壮、血行促進、抗炎症などの効果がある

といわれます。

乾燥しやすい季節に、積極的に摂りたい食材です。

 

【注目の成分】ビタミン、ミネラル、たんぱく質

 

【おすすめの食べ方】そのままサラダにトッピングしたり、

水で戻して料理やドリンクに混ぜても良い。

ワインなどにつけておけば、デザートにも重宝。

 

●カカオ

抗酸化作用のあるポリフェノールがたっぷり!

苦み成分でリラックスさせる効果があるテオブロミン

なども含みます。

食物繊維も豊富なので、コーヒーに混ぜて飲んでもよい。

 

【注目の成分】ポリフェノール、テオブロミン、

フェニルエチルアミン、食物繊維

 

【おすすめの食べ方】ニブはパウダーよりも香りが濃厚

なのでデザートやスムージー向き。

パウダーはさらりとしたドリンクに。

 

●サーモン

ビタミンEの1,000倍の抗酸化力を持ち、シワやシミを

予防するアスタキサンチンなど、美肌成分がぎっしり。

皮にはコラーゲンも多く含み、スーパーアンチエイジング

フードとも呼ばれます。

 

【注目の成分】アスタキサンチン、ジメチルアミノエタ

ノール、プロテオグリカン、コラーゲン、ビタミンB2、鉄分

 

【おすすめの食べ方】アスタキサンチンが損失するので

加熱しすぎに注意。

アスタキサンチンの効果を高めるビタミンCと一緒にとるのがおすすめ。

 

●バジルシード

“バジルの種”は、不思議なことに、浸水させると膨張して

ジェル状に。

ジェル部分は、グルコマンナンという食物繊維でゼロカロリー!

ドリンクに混ぜていただくのが一般的で、ティースプーン

1杯で、1日に必要なカルシウム、マグネシウム、鉄分の約2倍

を摂取できます。

 

【成分】食物繊維、たんぱく質、αリノレン酸、カルシウム、

マグネシウム、鉄分、亜鉛、ビタミンK

 

●アーモンド

ビタミンEの抗酸化作用でアンチエイジングが期待できる食材。

アーモンドの脂質の約70%はオレイン酸で、血液をサラサラ

にする働きもある。

そのままでももちろん、ひと晩浸水させておいた生アーモン

ドと水と一緒にミキサーにかけた“ナッツミルク”としても

おいしくいただけます。

 

【成分】ビタミンE、食物繊維、オレイン酸、カルシウム、

鉄分、リン、カリウム、マグネシウム、亜鉛、ミネラル

 

●マヌカハニー

ニュージーランドに自生するマヌカの木から採れるはちみつ。

一般的なものと異なり、豊潤で独特な味と香り。

風邪やアレルギー症状の予防のために、特に冬はおすすめで、

砂糖や精製されたはちみつより、血糖値が上がりにくいのが

特徴です。

独特な味なのでヨーグルトなどに混ぜると食べやすく

なります。

 

【効果】1回10ml程度を、1日3~4回、そのまま食べると、

胃腸疾患や免疫力アップ、風邪の予防などに効果的。

 

●みそ

発酵過程でたんぱく質がアミノ酸に変化し、人間に必要な

必須アミノ酸9種類が摂取できます。

酵素を生かすには、非加熱で使うのがおすすめ。

ただし、市販品は短期間で発酵させるため添加物を

配合している場合が多いので、無添加のものを選びましょう。

 

【成分】必須アミノ酸、ビタミンB群・E・K、ナトリウム、

カリウム、ミネラル、食物繊維

 

●しょうゆ

大豆、小麦、塩を原料に、麹菌や乳酸菌、酵母によって

発酵させて作るしょうゆ。

特に、製造過程の最後に火入れをしない生じょうゆには、

生きた乳酸菌や酵素も含まれます。

昔ながらの製法で作られたものを食べると、腸内環境も

確実に変わるので、購入時はラベルをチェックしてみては?

 

【成分】アミノ酸、ビタミン、ミネラル

 

●ひしお

ひしおとは、塩漬けにした食材から出てくる発酵液のこと。

魚醤、肉醤、草醤、穀醤があり、一般的に家庭で手作り

しやすいのは穀醤で、ひしお麹にしょうゆ、水、昆布を

混ぜるだけ。

1週間程度で食べられるようになります。

100種類以上の酵素を含む、スーパー調味料です。

 

【おすすめの食べ方】みそやしょうゆよりもコクと甘みがあり、

なんにでも合いますが、アボカドとの相性は最高!

 

●黒酢

黒酢は玄米を原料として、長い時間をかけて発酵・熟成

させているので、一般的な米酢と比べると、アミノ酸の

含有量が5~6倍に。

基礎代謝アップ、脂肪燃焼効果、疲労回復、便秘予防などの

効果があり、ダイエットを上手にサポートしてくれる食材の

ひとつです。

 

【注目の成分】有機酸、ビタミン、ミネラル

 

●カツオだし

意外にも、美肌、ダイエット、健康と幅広い効果が明らかに

なっているカツオだし。

天然素材からとっただしは、うまみや栄養も豊富なので、

できれば自分でだしをとって調理に使うのがおすすめ。

市販品であれば、無添加のものをチェックして。

 

【効果】疲労回復、胃の運動を促進し満腹感を高める、

肌の水分量を保つなど、女性にうれしい効果が。

 

●甘酒

お米を発行させて発酵食品は、その栄養価の高さから

“飲む点滴”と呼ばれるほど。

麹由来の甘酒なら、腸内環境を整える食物繊維やオリゴ糖も

含んでいます。

ブドウ糖が豊富なので、活動的な朝から日中に数回に分けて

飲むのがおすすめ。

砂糖が添加されていないものを選ぶとよい。

 

【注目の成分】ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、システイン、コウジ酸

 

美容と健康をサポートしてくれるスーパーフードを、

上手にバランスよく摂取しましょう!

-1 健康長寿, 18スーパーフード