1 健康長寿

「1日3食」が美容と健康にいい理由

 

ちょうしょく

栄養的には、食事は1回でも、2回でも3回でも問題ない

との説があります。

 

現代人は、多くの人が運動不足気味とされているので、

1日3回しっかり食事を摂っていたらカロリーオーバー

する恐れもあります。

 

しかし、1日3食が身体によい理由があるのです。

その理由を紹介します。

 

●3食で腸に刺激を与える!

順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生の著書

『なぜ、「これ」は健康にいいのか?副交感神経が人生の

質を決める』によると、1日3回の食事がやはり身体によい

とのこと。

 

3回食事をしなければ十分な栄養が摂れないからではなく、

1日1食だと、1日に1回しか腸に刺激を与えないということに

なるので、腸の働きが悪くなってしまうのです。

 

ダイエットなどで食事制限をしている人は水分でもいいので、

必ず摂ったほうがよいそうです。

 

何故なら、胃にある程度の水分が入れば、その重みで

腸に圧力がかかるので腸は動くからです。

しかし一般的には、何かしら食事を摂ったほうがよい

とのことです。

 

小林先生は、「食事をすると体温が上がりますし、

噛むことで脳が刺激されるためです。

また、ものを食べると心が落ち着くという効果もあります」

と話しています。

 

●”朝食”は最も大切

3食の中でも、最も大事なのは朝食です。

朝食の目的は、次の通りです。

(1)副交感神経を上げること

(2)血流を上げること

(3)慌ただしい朝に”余裕”を生みだすこと

 

自律神経の観点では、朝食は朝、低くなりがちな副交感神経

を上げるチャンスです。

朝のタイミングに副交感神経をきちんと上げることで、

その日の過ごし方が変わってきます。

 

ごく普通の運動量であれば、お腹いっぱい食べる必要は

ありません。

頭を使う人なら、朝食をできるだけ軽くしたほうがいい

とのことです。

 

吸収にたくさんの血液が使われるため、脳に行く血液量が

減ってしまうのです。

 

ちなみに小林先生の朝食は、コップ1杯の水とバナナ1本、

パン1枚だそうです。

自律神経を整えることで、腸内環境が整ってきます。

美容には、腸内環境を整えることは欠かせません。

 

1日3食、朝食は、しっかり食べましょう!

 

-1 健康長寿