1 健康長寿

視力低下をもたらす「ドライアイ」の注意点 ?

ドライアイ

現在日本では約800~2,200万人もの人がドライアイの

症状を訴えているといいます。

 

肩こり、冷え性などと同じように、ドライアイは日常の

ちょっとした悩みとして片付けられがちですが、

じつはドライアイによって重大な病気になることも

あるというのです。

 

重大な病気になる前に知っておきたい、ドライアイに

ついての基本知識について、日本眼科学会の情報を

参考にご紹介します。

 

●ドライアイの症状とは?

ドライアイは、“涙の分泌量が減ったり、量は十分でも

涙の質が低下したりすることによって、目の表面を

潤す力が低下した状態”のことです。

 

そして、乾燥だけでなく、目が疲れる、ゴロゴロする、

ものがかすんで見える、目やにがでるという異物感や

痛みなど、様々な不快感が出てきます。

 

寒くなってくると目の疲れがひどくなると感じる人は、

ドライアイの可能性が高いといわれています。

ドライアイは目が乾燥することにより疲れ目や傷を

引き起こし、視力の低下をもたらす病気でもあるのです。

 

●携帯電話やPCの長時間使用が引き起こす現代病とは

ドライアイは一見、どこにでもある症状のようで放置され

がちですが、昨今は携帯電話やパソコンの長時間使用などで

ドライアイの症状を訴える人が増えているので、症状に

心当たりのある人は十分に注意しましょう。

 

また、携帯電話やパソコンの長時間使用は、ドライアイ以外

にも、VDT症候群と呼ばれる症状の原因になり、身体のしびれ、

慢性疲労、さらにはうつ状態を引き起こす可能性があると

いいます。

 

この症状は現代病でもあり、大人だけでなく、小学生や

中学生など若年層にも広がっています。

液晶画面を見ることに集中しすぎると、まばたきの回数が

極端に減ったり視線を激しく移動したりするため、疲れ目や

ドライアイを引き起こします。

 

仕事などで、どうしても1日中パソコン作業や細かい字を

見なければならないという方は、1時間に10分程の目の

休憩をとったり、意識してまばたきをしたり、

空調や湿度等に注意して目をこまめに休ませたりする

ことが大切です。

-1 健康長寿
-