1 健康長寿

有酸素運動をしよう

ゆうさんそ

●パンやケーキの摂りすぎは禁物

かつては動脈硬化による冠動脈疾患は欧米に多く、

日本人には少ない病気でした。

しかし、米国では国家的課題として取り組み、

国民の悪玉コレステロール値は年々減少しています。

 

一方、日本ではコレステロール値を上げない日本食が減って、

食事の西洋化が進み、逆に悪玉コレステロールの値は

増加しています。

特に女性の値はいまや米国人の男女の値を超えています。

 

食事によるコレステロールのコントロールが大切です。

摂取量を減らしたいのがトランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸を食品から摂取する必要はないと考えられて

おり、トランス脂肪酸摂取量が多いと、血液中のいわゆる

悪玉コレステロールLDLコレステロールが増え、

善玉HDLコレステロールが減ってしまいます。

 

自然の状態では牛肉や羊肉、牛乳や乳製品に微量含まれて

いるにすぎませんが、マーガリンやショートニングを

原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、

揚げ物などにはトランス脂肪酸が含まれています。

 

基本的にパンやケーキを摂る量を減らして、タンパク質

としては魚や大豆を中心とする和食を中心にするのが

健康的です。

 

●有酸素運動をしよう

ウォーキングや水泳、サイクリング、エアロビクスなどの

有酸素運動は糖尿病や肥満、高血圧などを予防し、

動脈硬化の進行を抑えます。

 

少しずつでもいいので、できるだけ毎日、運動しましょう。

スポーツが好きな人は、ジョギングなどを始めるとよい

でしょう。

スポーツが苦手、運動のための運動をする気になれない

場合は、日常の運動量を増やす工夫をするとよいですね。

 

エレベータやエスカレーターを使うのをやめて階段を使う、

帰宅の際に電車を一駅手前で降りて歩く、車で出かける

代わりに、電車やバスなどの公共交通機関を使い、

できるだけ歩く距離を伸ばすなどで、運動量はぐんと

増えます。

 

有酸素運動をしましょう。

 

-1 健康長寿
-