1 健康長寿

お風呂ヨガを成功させるポイント

2014/12/02

ヨガ

ダイエッターの間で注目を浴びているお風呂ヨガ。

通常のヨガよりデトックス効果が高くて、痩せやすい体に

なれるのが人気のようです。

 

ポイントをまとめてみました。

 

●正しい呼吸法を身につける

ポーズが完璧にできていても、ヨガの基本となる

腹式呼吸法を身につけておきましょう。

間違えてしまうと、十分に効果を発揮できなくなって

しまいます。

 

●湯温は38~40度

お風呂のお湯の温度は、ぬるめの38~40度くらいがベスト。

 

これ以上熱い温度の中でヨガを行ってしまうと、リラックス

効果を得ることができなくなってしまいますし、これより

温度が低いと体を冷やしてしまう可能性があります。

 

温度に注意を払いつつ、半身浴と同じように心臓より

下の部位を湯船に浸からせましょう。

 

●常温の水飲む

ぬるめのお湯に浸かっているといえども、お風呂ヨガを

やっている間はもちろん汗をかきます。

 

そのデトックス効果を促すためにも、ヨガを行う前に

常温のお水を1杯飲んでおきましょう。

こうすることで、汗が大量に出て解毒効果も抜群。

お風呂で気持ちよく汗をかくことができます。

 

●空腹の状態で行う

お腹を満たした状態でお風呂ヨガを行うと、内臓に

負担をかけてしまうので体に良くありません。

 

お風呂ヨガをする時は、空腹の時間を選んで行うように

してください。

 

また、お腹が空いてる時にお風呂に入ると空腹感を

抑えられる効果があるので、ストレス解消に行うのも

良いかもしれません。

 

●入浴剤を入れる

もっとダイエット効果を狙いたい!という方は、

湯船にバスソルトや入浴剤を入れるのがベストです。

 

これだけで体の代謝がさらに上がり、脂肪の燃焼を促して

くれます。

 

また、お風呂場をいい香りで満たすことでリラックス効果

も高まるので、よりストレッチに集中することも可能に

なります。

 

自宅でしかも温かい空間の中で行えるヨガなんて、

とても魅力的ですね。

 

-1 健康長寿