1 健康長寿

メガネをすると度が進むという迷信

めがね

近視でも老眼でもメガネをすると悪化すると考え、

メガネを避ける人が跡を絶たないようです。

 

しかしそれは迷信なのです。

メガネをしてもしなくても、度は進んでいきます。

 

見えないのにメガネを使わずに、無理をし続けると、

眼精疲労になり、頭痛や肩こりに悩むことが少なく

ありません。

 

老眼の場合、メガネをせずに合わないピントを合わせ

ようとがんばり続けることで、むしろ水晶体の厚みを

変える筋肉が疲れ、悪化することがあります。

基本的に老眼がよくなることはほぼないのです。

 

一時的な疲労でピント調節がしづらくなった場合なら、

疲れが取れて、ピントが合うようになりますが、

硬くなった水晶体が元に戻ることはないので、基本的には

老眼は進行する一方です。

 

「老眼がよくなった!」というケースは、実は近視に

なったためにメガネなしで近くが見えているだけに

過ぎず、遠方を見るためのメガネが必要になってくる

のです。

 

必要に応じて、メガネをすることが大切です。

 

-1 健康長寿
-, ,