1 健康長寿 5 若返り

心臓を若返らせる食事法

001

カロリーの摂取過剰を避けて、カロリーを抑えることで、

寿命が延びる、特に心臓や血管に関する病気が減少する

という研究結果が出ています。

 

アメリカの研究では、カロリー制限をした人たちは、

カロリー制限をしなかった人と比較して心臓の機能が

約15歳若かったという結果が出ています。

 

苦しくなるまで食べるのではなく、腹八分目、

「あと、もう一口食べたい」と感じるくらいのところで

やめておきましょう。

空腹を感じることも大事です。

 

ちょっと小腹がすいただけで、すぐ何かをつまんでいない

でしょうか?

 

飲んだ後に無性にラーメンなどの炭水化物がほしくなる

のは脳の勘違いのせいなのですが、それに騙されて、

安易に締めのラーメンを食べていませんか?

 

空腹の時間が長すぎると、体が脂肪をためこもうとする

ので問題ですが、空腹を感じ始めてから30分くらいで

食事するのがおすすめです。

 

体が空腹を感じると、胃粘膜から「グレリン」という

ホルモンが分泌され、グレリンの刺激により、

「若返りホルモン」とも呼ばれる成長ホルモンが分泌

されます。

 

さらに脂肪細胞からは動脈硬化を予防して血管を

掃除してくれる「アディポネクチン」が分泌されます。

また「空腹は最大の調味料」とも言われます。

 

腹八分目に食べて、次の食事前にはきちんと空腹を

感じることで、食事もおいしく食べられ、

心臓を若返らせることができるのです。

 

 

-1 健康長寿, 5 若返り
-, , ,