1 健康長寿

声を若返らせる話し方

2014/09/24

声を若返らせる話し方

 

はなす

 

のどをいためずに、しっかりと相手に伝えるためには、

声だけで話そうとするのではなく、表情を交えて全身で

話すようにしてください。

 

 

相手にきっちりと伝えたいことがあるなら、相手の

目を見て思いを込めて、話すことが大切です。

 

 

言葉だけで伝えようとしても、相手にはなかなか

伝わらないのです。

 

 

思いは声のトーンにも出ます。

 

 

イントネーションや言葉を区切る所なども意識して

話しましょう。

 

 

きちんと話して、きちんと伝えることができれば、

「何度言っても分からないヤツだ!」という苛立ちも

なくなってきます。

 

 

年を取ると、次第に口が重くなり、

「言わなくても分かるはず」と考えてしまい、言葉足らず

になりがちなのです。

 

 

自分の伝え方に問題があるかもしれないと考えずに、

相手の理解不足ばかりを考えていらだってしまい、

「短気な年寄り」にならないようにしましょう。

 

 

特に怖い顔をする必要がないときは、口の端を上げて、

できるだけ笑顔を心がけて話すことが十をうです。

 

 

笑顔は相手をリラックスさせ、相手がのびのびと

話したり聞いたりするのに役立ちます。

 

 

笑顔は、若返りの秘訣です。

 

-1 健康長寿