1 健康長寿 5 若返り

腸を若返らせる生活習慣

2014/09/13

腸を若返らせる生活習慣

 

1

 

平日の疲れを取り戻そうと休日は遅くまで寝ている人が

少なくありませんが、体内リズムを狂わせるもとなのです。

 

 

毎日一定の時刻に起きて、食事も1日3回、同じタイミングで食べる

ことで、体のリズムが整います。

 

朝は体が自然に目覚めて、自然に排便の欲求を感じます。

 

朝のトイレの時間は余裕を必ず取っておきましょう。

 

 

排便はタイミングが大事で、後回しにすると、便秘になったりして、

腸の調子が狂ってしまいます。

 

111 

 

朝食をしっかり摂ることによって、体温や血圧、血糖値が上がり、

 

しっかりと仕事ができる状況になります。

 

そして、夜は自然に眠さを感じて、リラックスするモードに変わっていくのです。

 

 

体内リズムが整えば、腸はスムーズに働きます。

 

 

食事のときは食事の味をしっかりと味わい、リラックスして、のびのびと腸が働くようにすることが大切です。

 

適度な運動も必要です。

 

ジョギング

 

ウォーキングは、腸に適度な刺激を与えて、腸の働きを良くするので、ぜひ実施してください。

 

毎日デスクワークで、運動量が少ない人は、ときどき体をひねるなどして、腸に刺激を与えるストレッチを心がけてください。

 

 

ストレスや喫煙、飲酒は悪玉菌を増やすので、できるだけ禁煙したり、お酒を控えめにするとともに、

 

ストレスは、上手に発散するように心がけましょう。

 

腸内細菌を整えるには、無用な抗菌薬(抗生物質)を用いないようにした方がよいのです。

 

抗菌薬は、腸内でせっかく育った善玉菌まで殺してしまいます。

 

本当に必要な最低限の場合以外、抗菌薬は飲まないほうが腸の若さを

保つことができます。

 

 

ストレスをなくし、適度な運動で腸を整えましょう。

 

 

-1 健康長寿, 5 若返り
-