統合失調症

統合失調症との付き合い方

統合失調症とは、どんな症状?

統合失調症は、考えや気持ちがまとまらなくなる状態が続く精神疾患で、その原因は脳の機能にあると考えられています。

約100 人に1人がかかるといわれており、決して特殊な病気ではありません。

思春期から40歳くらいまでに発病しやすい病気です。

薬や精神科リハビリテーションなどの治療によって回復することができます。

スポンサーリンク

 

統合失調症の症状は大きく「陽性症状」「陰性症状」「認知機能障害」の3つに分けることができます。

陽性症状

妄想

「誰かにずっと監視されている」など、実際にはないことを強く確信する。

幻覚

周りに誰もいないのに悪口が聞こえたり、ないはずのものが見えたりして、それを現実的な感覚として知覚する。

思考障害

思考が混乱し、考え方に一貫性がなくなる。会話に脈絡がなくなり、何を話しているのかわからなくなることもある。

 

陰性症状

感情の平板化

喜怒哀楽の表現が乏しくなり、他人の感情表現に共感することも少なくなる。

思考の貧困

会話で比喩などの抽象的な言い回しが使えなかったり、理解できなかったりする。

意欲の欠如

自発的に何かを行おうとする意欲がなくなる。また、継続が難しくなる。

自閉(社会的引きこもり)

自分の世界に閉じこもり、他人とのコミュニケーションをとらなくなる。

 

認知機能障害

記憶力の低下

物事を覚えるのに時間がかかるようになる。

注意・集中力の低下

目の前の仕事や勉強に集中したり、考えをまとめたりすることができなくなる。

判断力の低下

物事に優先順位をつけてやるべきことを判断したり、計画を立てたりすることができなくなる。

スポンサーリンク

治療方法は?

統合失調症の代表的な治療として、薬による治療と精神科リハビリテーションがあります。

急性期には薬による治療が基本になりますが、なるべく早い時期から薬と精神科リハビリテーションを組み合わせた治療を行うことが効果的です。

 

薬物療法について

抗精神病薬

統合失調症の治療の中心となる薬を「抗精神病薬」といい、症状の改善や再発の予防に大きな力を発揮します。

抗精神病薬は、主として脳内で過剰に活動しているドーパミン神経の活動を抑えることで症状を改善すると考えられています。

精神科リハビリテーションとは?

精神科リハビリテーションは、病気の症状で生じる「生活のしづらさ」を改善し、スムーズに安定した生活を送れるようにすることを目的に行います。

具体的には、デイケア、作業療法、SST(生活技能訓練)、心理教育などのプログラムがあり、医療機関や地域の精神保健福祉センター、自立訓練事業所などで実施されています。

精神科リハビリテーションは医師や看護師のほか、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士などの専門職が連携して行います。

リハビリテーション・スケジュールについては、これらの専門スタッフに相談することが大切です。

デイケア

医療機関で実施される外来治療の一つで、SST や心理教育、レクリエーション、軽作業、料理などのさまざまな活動を通じて対人関係能力を改善し、社会にうまく参加できるように準備するプログラムです。

「症状は良くなったけれど社会に出る自信がない」「友達が欲しい」などの悩みがある場合は、デイケアに参加するとよいでしょう。

定期的に通うことで規則正しい生活リズムも身につきます。

保健所や精神保健福祉センターでも実施されています。

作業療法

作業療法士の指導のもと、手工芸、パソコン、体操、園芸、音楽、書道、スポーツなどの軽作業を通じて、楽しみや達成感、充実感といった感情の回復を図ります。

これにより、日常生活や社会参加に必要な能力の回復・維持が期待できます。

対人関係を良好に維持する方法や、病気や薬との付き合い方、ストレスへの対処法などのスキルを学ぶことで自信を回復し、生活の質を向上させるためのトレーニングです。

再発防止にも役立ちます。

心理教育

病気の症状や原因、治療法などについて正しい知識を学ぶことで、病気に対する理解を深め、病気との付き合い方や前向きに治療に取り組む姿勢を身につけることができます。

家族を対象にした心理教育は「家族教室」と呼ばれ、病気に対する理解と本人への接し方やサポート方法などを学びます。

自分を3人に分けてみる

統合失調症の治療法、リハビリの方法の一つに「自分を3人に分けてみる」という方法があります。

その具体的な方法は。

(1)一人目:本来の自分自身/いま現に存在する自分

(2)二人目:幻聴の声の主/妄想を抱いている自分

(3)三人目:「一人目」と「二人目」を高いところから眺めている自分

 

幻聴が聞こえたとき

(2)幻聴の主「・・・・・・」

(1)「声が聞こえる!怖い!どうしよう!」

(3)「ああ、でも統合失調症ってこういう症状がある病気だから」

(2)幻聴の主「・・・・・・」

(1)「なんか言っている、嫌だな」

(3)「まあ、しばらくしたら治まるから大丈夫」

幻聴が聞こえてくると恐怖や不安、不快感を覚える自分がいます。

感情を揺さぶられる「自分(1)」と「声の主(2)」

声は自分のものであったり他人のものであったりします。

(3)の自分は統合失調症という病気の症状の中には「幻聴」や「妄想」があることを知識として知っており、(2)が症状によるものであることの認識がある。

(1)に対して「落ち着け」「大丈夫」と反駁することが可能な自分です。

 

このような形で、自分を3人に分けてみるのです。

いずれにしても統合失調症と診断された場合は、医師と相談して治療を行うことが重要です。

スポンサーリンク

-統合失調症