コロナウィルス

スマートリングで、新型コロナ発症3日前に警告できる

スマートリング「OURA」が進化する。

指輪の内側にセンサーを搭載し、装着者の心拍数、活動量、睡眠、体温など毎日の生体データを記録するスマートリング「OURA」が、新型コロナウイルスの初期症状を検知できるようになった。

スポンサーリンク

生体データからAIが症状を判断

ウエストバージニア大学のロックフェラー神経科学研究所とOURAが新型コロナに感染したときに現れる症状を予測できるシステムを開発した、と公式ブログおよびTechCrunchが伝えています。

発症3日前に予測

スマートリングは、発熱や咳、呼吸困難、疲労などの症状から、新型コロナの初期症状が現れる3日前に90%以上の精度でそれが新型コロナの初期症状かどうか予測できるようになったということです。

スマートリングは通常の金属製の指輪のように見えますが、本体にセンサーを内蔵していて、体温や睡眠パターン、活動量、心拍数など多数のバイオメトリクスデータをモニターします。

研究者チームは、このバイオメトリクスデータと約600人の医療、救急関係者から得た感染者の身体、認知、行動上の変化に関する情報を組み合わせて、新型コロナの発症予測を出すことが可能となったのです。

ボランティアがこのスマートリングを指にはめてサンプルデータを提供。研究チームはこのデータを利用して自覚症状が現れる前に発症を予測するAIモデルを開発した。

開発はまだ初期段階で、専門家によってレビューされていないとはいえ、発症予測の精度はすでに90%以上に達しているという。

そしてウェストバージニア州の医療従事者たちにこの指輪が配られ、RNIはニューヨークやフィラデルフィアなど全国の病院と提携し、すでに600人以上の医療従事者たちをモニタリングしているようです。

無症状の時点で新型コロナウイルス感染、発症のリスクを予測できるモデルを確立するために多数のプロジェクトが進行中です。

これまでの知見によれば、感染者の大部分は感染者初期にはほとんど、あるいはまったく自覚症状がありません。

この研究は初期の段階とはいえ、そのような予測が可能であることを示すもので、市販されて誰でも利用可能になるというのは大きな進歩です。

アプリに新型コロナタグが追加

スマートリングの「OURA」はまた、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究協力により、専用アプリに熱、風邪、新型コロナなどのタグを使って、自分の状態を定義できるよう改善を行ないました。

アプリはその上で、身体の反応や回復の状態をより適切に追跡できるようになる、と公式サイトで説明されています。

スマートリングは、医療機器ではありませんが、初期症状を自分でモニタリングできるだけでも、かなり進化しました。

スポンサーリンク

AIによる感染症対策が進む

新型コロナ対策で急速に期待が高まっているのがAIです。

医療界で注目されているのがCT画像から感染状況を発見するというもの。

胸部CTを撮影した画像に対してこのAIの解析にかけてその結果を返す仕組みになっている。

中国の大手IT企業アリババが中国の新型コロナウイルスの検査画像データを含む大量のCT画像を集めAIでの画像診断プログラムを開発した。

蓄積された画像データに照らしAIが1分以内に感染部分を特定し医師の診断を手助けをするというもの。

実際に中国・湖北省や上海市の病院で導入されている。

日本でも同様のシステムが開発中とのこと。

 

医療におけるAIに期待するところが大きくなっていくようだ。
スポンサーリンク

-コロナウィルス