2 ダイエット

炭水化物抜きダイエットは脂肪だらけの体になる

炭水化物を抜くと、1~2日で脳のエネルギーが不足する

炭水化物を抜くダイエット法は、体重が落ちやすいので、やせやすい

のですが、体の水分が抜けて、筋肉が減っていきます。

 

よく認識しておかないといけないことは、脳は1日に400kcalのエネルギー

を必要とします。

その脳の唯一のエネルギー源が糖質、つまり炭水化物なのです。

 

炭水化物は筋肉にとっても大切なエネルギー源なのです。

体は、安静時でも、筋肉を使って体温を維持したり、心臓を動かしたり、

といったことをしているからです。

このために必要とされるのが、基礎代謝と呼ばれ、この基礎代謝の4~5割

が炭水化物でまかなわれているのです。

スポンサードリンク

脳は筋肉を削ってエネルギーにする

炭水化物を摂らないでいると、肝臓のグリコーゲンが底をつき、脳への

エネルギーが不足します。

 

すると、筋肉にあるタンパク質が使われるのです。

脳がエネルギー不足となれば、死を意味します。

そこで、体は筋肉を削って、脳にエネルギーを与えることを優先します。

 

筋肉が減ると、体力もなくなり、健康的な生活に支障をきたします。

その栄養をしっかりとって筋肉を鍛えることで肥満を予防することが

正しいダイエット法となるのです。

 

決して無理なダイエットをするべきではありません。

有酸素運動と筋トレによってしっかりとした体をつくることが健康長寿

につながります。

まず、1日7000歩から始めていきましょう。

スポンサードリンク

 

-2 ダイエット