2 ダイエット

ダイエットの目的を間違えてはいけない

ダイエットの方法にはさまざまな方法があります。

しかし、大半の人が体重をいかに減らすかということに目が向いています。

体重を落とす目的で、食事の量を減らす方法では、本来のダイエットには

ならないのです。

 

炭水化物を抜く方法は、多くの人が実践していますが、炭水化物の摂取量が

極端に減ってしまうと脳に必要なエネルギーが不足してしまい、体に支障

をきたしてしまうのです。

 

炭水化物だけでなく、体に十分な栄養がとれなければ、うまくダイエット

をすることはできません。

体重は減ってもきれいな体にはならないのです。

ダイエットの正しい目的は、バランスのとれた、健康で、きれいな体を

作ることです。

スポンサードリンク

内蔵脂肪を落とすことが大切

ダイエットで必要なことは、ただ体重を落とすことではなく、内蔵脂肪を

減らして、筋肉を増やすことです。

 

目標とする数値は、体重ではなくて、体脂肪率を目標とすることが、

正しいダイエットの方法となります。

つまり体重だけでなく、体脂肪率が測定できる体重計を用意したいものです。

 

バランスのよい食事をして、内臓脂肪を減らすために運動によって筋肉を

増やして、体脂肪率を減らす。

このようなダイエット法を実践します。

運動をしないで、食べないだけのダイエットは非常に危険なのです。

 

とりあえず痩せれば良いはブスになる

何でもいいからとにかく痩せたいとダイエットを始めるのは、健康のレベル

を危険な状態にしてしまい、肌や体型などもひからびて、老けてしまうこと

になることもあります。

 

1日1食だけにするとか、スムージーだけで食事をする、などの方法は、

体重は落ちるかもしれませんが、必要な栄養がなければ、落ちた体重の

ほとんどは、水分と筋肉ということになります。

 

本来の美しさは、みずみずしい肌やハリなどから得られねものです。

それらが失われてしまうと、疲れた印象を与えてしまいます。

無理なダイエットの結果は、メリハリのない体やバサバサの髪、

そしてハリのない肌になってしまうのです。

 

また、水分がなくなれば、肌荒れもひどく、シワの多い顔になります。

見た目にも老けて見られるようになります。

 

栄養をしっかりとり、内臓脂肪を減らして運動により筋肉を増やすこと。

ダイエットの目的を間違えないようすることです。

スポンサードリンク

 

-2 ダイエット