16自律神経 25ストレス

呼吸法で人生も変わる

人は、一日に2万回も呼吸している

人は、生きている限り、呼吸をして酸素を吸い、二酸化炭素を

吐き出しています。

呼吸で取り込んだ酸素は、血液を通って全身の細胞に運ばれます。

そして食べ物からエネルギーを作り出すために使われます。

十分な栄養と酸素がそろってはじめて、全身の細胞の健康が保たれます。

 

さらに、ただ息を吸って吐けばよい。というものではありません。

取り込む酸素の量や呼吸時の体の使い方で、活力旺盛な体にも、

エネルギー不足の体にもなります。

 

大切なことは、「どう吸って、どう吐くか」なのです。

スポンサードリンク

人は、一日に2万回呼吸をしています。

1回の呼吸の量を少し上げるだけで、1日2万回積み重なるとその影響は

大きなものとなります。

1回の呼吸は、数十兆もの細胞に働きかけるので、その影響力は、

健康にも寿命にも関わる大きな問題なのです。

 

浅い呼吸・深い呼吸

呼吸をするとき、おなかが動くときは、深く呼吸ができています。

逆におなかが動かないときは、浅い呼吸になっています。

深い呼吸は、腹式呼吸となっています。

 

そうです。リラックスできる呼吸法なのです。

そして、腹式呼吸をすることで、健康に向かうことができるのです。

 

いま、浅い呼吸をしている人は、意識して深い呼吸を体得すれば、

しだいに腹式呼吸ができるようになります。

それに合わせて心も落ち着いて、穏やかになるのです。

 

しかし、年齢とともに、腹式呼吸から胸式呼吸に移行することが

あります。

定期的に呼吸をチェックして、腹式呼吸をしているか確認することが

大切です。

 

呼吸法が変わることで、考え方も変わり、人生も変わるのです。

スポンサードリンク

 

-16自律神経, 25ストレス