食物繊維で病気にならない

腸は免疫器官

人の腸は、体に取り込んだ栄養を吸収すると同時に病原菌や有害物質が

体内に入り込むのをガードする働きもあります。

そのために、人体で最大の免疫器官といわれています。

 

人の腸内には、100~120兆個の細菌がいます。

この腸内細菌には、腸内を掃除してくれる善玉菌

消化しきれなかった肉などのタンパク質を腐敗させて毒素を発生

させる悪玉菌

さらにどちらにも属さないで、優位な方をサポートする日和見菌

三種類があります。

スポンサードリンク

食物繊維で善玉菌を増やす

悪玉菌は動物性ののタンパク質や脂肪が好きなので、肉や卵、乳製品

が中心の食事ばかりしていると、悪玉菌は増殖してしまいます。

悪玉菌が増殖すると腸の動きが鈍くなるので、免疫力も落ちて、

病原菌にやられるがままの弱い体になってしまいます。

 

そうならないためには、善玉菌を増やす必要があります。

善玉菌の代表格は、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌です。

また、その他の発酵食品に含まれる乳酸菌も腸内で、良い働きを

してくれます。

 

さらに、その善玉菌の好物が食物繊維です。

善玉菌は、腸でゲル化した食物繊維を栄養として活発に働きます。

すると、日和見菌が善玉菌の味方になるので、善玉菌が優勢となり、

腸が活発に動いて、排便もスムーズになります。

 

また、食物繊維は、大腸に届くと酸を発生させます。

これが悪玉菌のウィークポイントとなるのです。

酸性に弱い悪玉菌は、どんどん数を減らすので、善玉菌が優勢の状態

を保ち、健康な状態を保つことができるのです。

 

腸内の健康は免疫力のアップになる

腸内の健康は、見た目にも表れます。

便秘で肌が荒れたりした経験はありませんか?

腸がきれいになれば、美肌になることも可能です。

 

食物繊維を食べると、少量の食事でも満腹感を得られ、血糖値の

上昇スピードを遅らせることもできるので、食べ過ぎの予防にも

効果的なのです。

 

食べ過ぎは、メタボを促進し、フリーラジカルも発生しますから

良いことはありません。

悪玉菌の好物である動物性タンパク質を減らして、

善玉菌とその好物である食物繊維の多い食事をすることが

腸内免疫を上げるための方法です。

スポンサードリンク

 

-