5 若返り

疲労回復にアスタキサンチン

アスタキサンチンが注目されている

疲労回復に効果がある物質として、最近注目されているのが、

「アスタキサンチン」です。

 

これは、魚介類によく見られる赤色の色素成分で、エビやカニ、

サケ、タイなどに多く含まれています。

エビやカニは海で泳いでいるときは、黒い色ですが、茹でると赤に

なりますね。

 

海にいるときは、アスタキサンチンは体内のタンパク質と結びついて

いるので、黒く見える。

しかし、茹でると分離するので、アスタキサンチンの本来の赤色が

発生してきます。

エビやカニが茹でると赤くなるのはそれが理由です。

 

アスタキサンチンは、もとは海藻がもっている成分ですが、

これをエビやカニが食べて、そのエビやカニをサケやタイが食べると

いった食物連鎖が生じ、人の口に入るときは、さらに栄養豊富な食べ物

となるのです。

スポンサードリンク

アスタキサンチンは疲労回復に効果

サケは海から自分の生まれた川に戻って産卵します。

それは、計り知れないほどの体力が必要となります。

その体力のもとになっているのが、アスタキサンチンではないかと

考えられています。

 

アスタキサンチンの効果を見る実験があります。

それによると、パソコン操作をするときにアスタキサンチンを飲んだ

人は、飲んでいない人に比べて休憩時間が短いという結果がでています。

つまり、アスタキサンチンは、疲労回復にとても効果があるのです。

 

カラフルな食品でアンチエイジング

カラフルな食品といえば、トマトやほうれん草、人参、みかんなどが

あります。植物や動物がカラフルなのは、紫外線から身を守るため

なのです。

そして、この色こそが、抗酸化物質なのです。

 

色がついた食品を食べるほど体に良いといわれるのは、抗酸化物質が

含まれているからです。

色素成分は、「カロテノイド」と「フラボノイド」があります。

どちらもフリーラジカルを除去する物質が多く含まれています。

 

カロテノイド

カロテノイドを含む食べ物は、ニンジンやかぼちゃ、ピーマン、

トマト、ブロッコリーなどたくさんあります。

ニンジンやかぼちゃに含まれる「βカロテン」は、フリーラジカルに

よって細胞膜が傷つけられるのを防御してくれます。

スポンサードリンク

リコピン

トマトやスイカに含まれるのは「リコピン」です。

これも抗酸化物質で、脂肪をつくりにくい体質にしたり、血糖値を

正常にすることもわかっています。

 

ルテイン

ブロッコリーやほうれん草の緑は、「ルテイン」という物質による

ものです。

ルテインは眼に多く存在し、紫外線など眼に悪影響を及ぼす物質による

フリーラジカルを除去していきます。

ルテインを多く摂ることで、白内障などの病気を予防できると

言われています。

 

みかんやオレンジなどの柑橘類に含まれる「βクリプトキサンチン」

は、大腸がんや皮膚がんの予防に効果があります。

こたつに入ってみかんを食べるのは、良い方法ですね。

スポンサードリンク

 

-5 若返り