5 若返り

40歳を過ぎて体の衰えを感じる理由

体の衰えはホルモンが影響している

今まで軽やかに上がっていた階段が、きつく感じたり、

足が上がっていなくて、つまづいたりしたことはありませんか?

顔のシミやシワが増えた。肌が水を弾かなくなった。・・など。

 

このような体の変化は、加齢によって起こるものです。

加齢にともなう体の変化に大きく影響しているのが、ホルモンです。

ホルモンは、内蔵から分泌され、血流にのって全身をめぐり、体の

各器官や内蔵の働きを調整する物質です。

 

男性ホルモン、女性ホルモンは、聞いたことがあると思います。

アドレナリンもホルモンの一種です。

人の体には数十種類のホルモンが存在しています。それぞれが

体に必要な働きをしています。

スポンサードリンク

成長ホルモンが減る

しかし、いくつかのホルモンは年齢とともに分泌が減少してしまいます。

それによって体に変化が訪れます。

階段がつらくなったり、つまづいたりするのは、筋力の低下が理由

ですが、それに大きく関わっているのが、「成長ホルモン」です。

 

成長ホルモンは、体が成長するのを助ける働きをする物質です。

一番活躍するのは子供時代の成長期です。

骨の代謝を活発にして、身長を伸ばしたり、筋肉をしっかりと丈夫に

つくり上げたりします。

 

しかし、成長ホルモンは、16歳前後をピークに徐々に分泌が減って

いきます。

40歳になると20歳のときの40%しか分泌されないのです。

成長ホルモンの分泌量が減って筋肉が衰えることによる体の衰えです。

 

女性ホルモンは肌に影響

肌に関係するのは、「女性ホルモン」です。

女性ホルモンは、女性らしい丸みを帯びた体をつくったり、妊娠・出産

にかかわったりします。

また、細胞をみずみずしくする働きもあります。

 

30代までは大量に分泌されますが、40代後半になると、その量は急激に

減少します。

そのため、肌のしっとり感や弾力を保てなくなり、シミやシワに

つながります。

 

このように、今まで体内で作り出し、活動を潤滑にしていたものの

分泌量が減り、いろいろと不都合なことが起こってくるのが40代です。

しかし、加齢による体の衰えもしくみを知っていれば、対応策が

出てきます。

アンチエイジングにホルモンがいかに重要かを知っておきましょう。

スポンサードリンク

 

-5 若返り