1 健康長寿

不健康なことをやめると健康になる

新鮮なものを優先的に食べる

病気になったらどうしよう。

と健康に不安を持っている人は多いと思います。

しかし、健康に不安を持っていても、食べるものには気を使わない

人が多いようです。

 

たとえば、バターとマーガリンの違いは知っていますか?

バターは「動物性」、マーガリンは「植物性」です。

常温で放置すると、バターは腐りますが、マーガリンは腐りません。

なぜなら、マーガリンには不飽和脂肪酸などの防腐剤が入っている

からです。

 

防腐剤などは、食品の保存には効果的ですが、体にはあまりよく

ありませんね。

コーヒーに入れるミルクなども同様です。

健康に良いからといって、飲み続けても体調が良くならない場合は、

無理に飲まないほうがよい場合があります。

 

健康で注意したいのは、新鮮なものや余分な添加物が入っていないもの、

体調が良くなるものを食べるという優先順位をもつようにします。

この習慣だけでも健康度がアップします。

スポンサードリンク

不健康なことをやめる

そうはいっても、健康に良いものばかりを食べるのは難しいですね。

しかし、健康に悪いことをやめることは、それほど難しくはありません。

 

多くの人は、健康によい何かをしようとしますが、先に健康に悪い

ことをやめるだけでもよいのです。

 

たとえば、肌がカサついてしまうとき美容液を探そうとしますね。

しかし、不規則な生活を改めて規則正しい生活を習慣化して、

しっかりと睡眠をとるようにするだけで、改善することがあります。

 

毎日規則正しい生活をするように心がけましょう。

早寝早起きをして、食事は規則正しい時間に腹八分目にする。

そして、睡眠時間は6時間しっかりとる。

こういう生活をすると、病気をしない健康的な生活をすることが

できるようになります。

 

不規則な生活を止めるだけで、健康を得ることができます。

 

ナチュラルハイジーンとは

「ナチュラルハイジーン」というのは、生命科学の理論で、

「自然の法則」のに基づいた原則と習慣に従う生き方です。

 

この理論によると、人の体の1日のサイクルは、8時間ごとに次の

3つに分けられます。

 

(1)4時~12時 排泄のサイクル

・・・体内の老廃物と食物カスを排出する時間帯

(2)12時~20時 摂取と消化のサイクル

・・・食べることと消化の時間帯

(3)20時~4時 吸収と利用のサイクル

・・・体への同化の時間帯

 

なぜ、20時以降は食べてはいけないのだろうか。

それは、寝る前に胃の中に食べ物が入ると、胃は消化しなければ

ならないので、寝ているときも働き続けることになります。

すると、熟睡できなくなるために、寝不足になったりして、体には

よくないのです。

 

このようなことをよく理解して実践すれば、健康長寿の基本的な

行動や習慣を身につけることができます。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿