25ストレス

ストレスを軽減するには

デジタルをアナログに変える

昔は手書きだった書類はパソコンに変わり、電話・FAXはメールに

変わりました。

そして、現代は、完全にデジタル社会になってしまいました。

それに伴って現代人のストレスも増えてきたのです。

 

たとえば、メールの返事がなかなかこなくてイライラしたり、

ちょっと電話をすればすむことが、メールの文章を考えるのに

イライラする。

そんなことでイライラするならば、あっさり電話をしたほうが

ずっと楽な気がします。

 

つまり、デジタルに依存しすぎるとストレスが溜まってしまうのです。

なるべくならメールよりも電話がよいですし、実際に会って話す方が

良い面が多くあります。

さらに、人間関係がうまくいっている人は、デジタルよりもアナログ

を重視しているのです。

 

特に仕事ができる人は、デジタルよりもアナログを重視しています。

人とのコミュニケーションをデジタルに頼っている人は、すぐに

アナログを取り入れるようにするとよいですね。

スポンサードリンク

相手のものさしで測る

「自分はこんなにがんばっているのに、なぜ認められない」と

悩んでいる人はいませんか?

 

あなたが評価されない理由は、あなたが自分を自分のものさしで

測っているからです。

自分ではがんばっていると思っていても、上司から見ればそうではない

場合は多くあります。

 

だから、自分のものさしで測るのではなく、相手のものさしで自分を

測ってみれば、相手が何を求めているかを知ることができ、そのために

何をすればよいかが分かると思います。

そうすれば、ストレスを感じることもなくなります。

 

自分を外国人と思う

毎日、上司から怒鳴られていると、誰でもストレスを感じるものです。

そして、毎日続くとストレスは溜まってしまいます。

真面目な人なら、落ち込んで自信喪失となります。

 

そんなストレスをへらす方法があります。

それは、「正面から受け止めない」ということです。

視点を変えてみることです。

 

世の中には、ただ怒りたい、言いたいだけという人が結構います。

あなたの上司もそんな人かもしれません。

仮にそうでなかったとしても、心の中でそのタイプかもしれないと

思うようにします。

 

もし、自分が外国人だったら、何を言われているかわからないと思います。

上司の話をまともに聞かなければ。という考えを捨ててしまえばよいのです。

そうすると、気が楽になり、ストレスを感じることがなくなります。

スポンサードリンク

 

-25ストレス