22ふくらはぎマッサージ

話題を呼んでいる「ふくらはぎ健康法」

2016/07/01

マッサージ

今大きな話題を呼んでいる「ふくらはぎ健康法」。

このブームのきっかけとなったのが、『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』(アスコム 刊 鬼木豊 監修/槙孝子 著)

という一冊の本です。

現在、95万部以上の売上げを記録している大ヒット本です。

スポンサードリンク

ふくはらぎ健康法がブームになっている背景は、

手軽にできて効果が幅広いというところにありそうです。

冷え性の解消、免疫力のアップ、高血圧や動脈硬化の改善、

腰痛、ひざ痛・肩こり解消、アレルギー改善、

などが期待できるそうです。

 

これは注目ですね。

ふくはらぎマッサージで体温を上げ、脂肪におさらばしよう!

 

「第2の心臓」とも呼ばれるふくらはぎ。

その理由は、人間の血液は重力の影響で約70%が下半身に

集まるところ、ふくらはぎは上から降りてくる血液を

受けとめ、心臓に戻すポンプの役割を果たしている

からなんだそうです。

 

ふくらはぎを刺激することで血液がスムーズにめぐり、

体がポカポカとしてくるのです。

 

○ふくらはぎマッサージのポイントは?

1.血液を心臓に戻すつもりで、必ずアキレス腱からひざ裏に向かってもむ。

2.指で押しながらおなかをへこませて息を吐き(腹式呼吸)、指の力を抜きながら、息を吸う。

3.「ちょっと痛いけど気持ちいい」強さでもむ。

ふくらはぎがかたい人は「さするだけ」から始め、無理をせずに進める。決して力は入れすぎないこと。

笑顔をつくると、筋肉の緊張がとれる。

4.いつ、どこで、1日何回やってもよい。

痛い、つらいと感じたら無理をせずにやめること。

お風呂後など、ふくらはぎがあたたまっている時にやると効果的。

5.汗や尿が出やすくなるので、前後に水やぬるま湯を飲むこと。

 

このポイントを守ってマッサージを行えばOK!

むずかしいことはないので、気軽にできるのが嬉しい限り。

これまでダイエットに挫折してきた人、チャレンジ

してみる価値ありです!

 

ふくらはぎマッサージには他にも気になる効果がたくさん。

自分のからだとじっくり向き合って

ふくはらぎマッサージの効果を自身で実感してみては?

スポンサードリンク

-22ふくらはぎマッサージ