25ストレス

病気はストレスから始まる

ストレスは免疫力を弱める

大きなストレスがかかると、酵素が奪われて白髪が一気に増える

ことがあります。

 

人の生命活動に欠かせない酵素が苦手としているのがストレスです。

病気の原因はすべてストレスにあるといっても過言ではありません。

ストレスは、職場などの人間関係などを想像しますが、実際には

どんなこともストレスになるのです。

 

たとえば、いつも少人数でカラオケで気持ちよく歌っている人に、

突然、大勢の前で歌ってください。といったらその人は、緊張によって

かなりのストレスを感じるはずです。

スポンサードリンク

ストレスがかかるとどうなる

暑さや寒さ、激しい運動などもストレスとなりますが、適度なストレス

は必要なのです。

しかし、日常的に強いストレスが続くと、体にはよくないことがわかります。

 

ストレスがかかると血流が悪くなり、呼吸が浅くなります。

すると体温が下がって、低酸素状態になるため、免疫力が低下して

病気にかかりやすくなってしまいます。

 

ストレスの原因はさまざまにあって、それらを取り除くには生活環境

を変えなければならなかったりして、現実的ではありません。

そのために。ストレスに負けない力をつけておくことが必要です。

そしてそれが免疫力を高め、病気になりにくい体につながるのです。

 

ストレスに負けない力をつける

ストレスに負けない力をつける簡単な方法は、よく歩くことです。

歩くことによって「セロトニン」が分泌されて、心身の安定に効果

を与えます。

セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患に陥りやすいと

いわれています。

 

セロトニンを増やす方法として、「リズム運動」をすることが有効と

言われています。

つまり、リズムを刻むようなことをすればよいのです。

たとえば、足踏みをする、腹式呼吸をする、食べ物をよく噛むなど。

 

日常生活のなかで、ストレスはなくならないかもしれませんが、

自分の力でストレスに強くなることもできるのです。

スポンサードリンク

 

-25ストレス