1 健康長寿

コーヒーは健康長寿の効果がある

2018/09/24

コーヒーは生活の一部になっている

コーヒーは、すでに生活の中に入り込んでいますね。

コンビニでも煎りたてのコーヒーを売っています。

わたしも毎日コーヒーを6杯くらい飲みます。

 

しかし、コーヒーを飲んでいると、カフェインが健康によくないのでは

と考えたりします。

 

カフェインは、血管に入ると脳に達してアデノシンという物質の働きを

ブロックし、ドーパミンの分泌をうながします。

カフェインは、神経細胞を活性化し、記憶力、反応時間、気分の高揚

などの能力を高めるのです。

スポンサードリンク

コーヒーは、事故を減らす

オーストラリアの調査では、コーヒーを飲むトラック運転手は、

衝突事故を60%起こしにくいことがわかっています。

 

また、口腔がんや糖尿病のリスクの減少、肝機能の強化などが、

コーヒーと関係があるようです。

運動選手を対象にした調査では、コーヒーを飲むと身体的な

パフォーマンスが、10%上がることがわかりました。

 

さらに、コーヒーを飲むと直後に頭が冴えるだけでなく、長期的に

記憶力が向上する可能性があります。

また、ある研究によるとコーヒーを飲む人たちは、橋から飛び降りる

傾向が低いことがわかっています。

ハーバード大学の研究者たちによれば、1日に2~4杯のコーヒーを

飲む人は、自殺するリスクが50%低いという結論を出しています。

 

コーヒー愛好家は長生きする

2012年、研究者たちが、40万人以上の死亡率を分析し、年齢、運動、

食生活などの変数を考慮したところ、1日に3杯コーヒーを飲む人は、

死亡するリスクが10%減ることがわかったのです。

 

とはいっても、長期的にコーヒーを飲み続けるのは危険ではないかと、

長年いわれてきたのも事実です。

しかし、コーヒーの摂取が健康に悪影響を及ぼすことはないようです。

あくまで、何事も適量が大切なことです。

飲み過ぎは、どんな場合でも禁物だと理解しておきましょう。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿