92睡眠

朝まで熟睡する方法

快眠呼吸術

朝まで熟睡したいときは、寝る前に呼吸を整えるのも効果的です。

最近は、呼吸が浅くなっている人が増えているといわれます。

呼吸が浅くなると体に悪影響が出てきます。

 

呼吸が浅くなると、

・ストレスを受けやすくなる

・精神的に不安定になりがち

・体調が安定しなくなる

・集中力が欠けてしまいがち

・体が冷えやすくなる

 

浅い呼吸を深くすることで、これらを軽減することができ、

体もリラックスして、熟睡ができます。

 

人は眠っているときは、自然に腹式呼吸をしています。

腹式呼吸は、快眠を呼ぶための内臓のストレッチです。

寝る前にぜひ実践しましょう。

スポンサードリンク

眠る前の熟睡準備

睡眠を上手にコントロールできている人は、朝の時間を有効に活用

しています。

朝、なかなか起きられない人は、時間ギリギリまで布団のなかにいる

ことが多いのではないでしょうか。

 

そして、そこから猛スピードで準備をはじめるわけです。

しかし、人の体にとってはこれは理にかなっていません。

なぜなら、体は目がさめてすぐに100%で活動するようにはできていません。

 

朝の時間は、体を目覚めさせるために必要な時間なので、慌ただしくしたり

することは、控えたほうがよいのです。

朝やるべき準備などは、前日にやっておけば、朝の時間を有効に使う

ことができます。

 

眠る前に済ませておくこと

翌日に着る洋服を揃えておく

朝になって「何を着よう」と考えたり、服を探したりするのは時間が無駄

になります。

持っていくものとあわせて用意しておくことです。

 

翌日の予定をメモしておく

目が覚めてメモを見直しながら、1日の流れを把握しておくと、余裕を

もって行動することができる。

 

朝食に食べるものをイメージしておく

起きてから冷蔵庫を開けてメニューを決めるより、前日から食べたい

ものを用意しておくほうが、励みになる。

 

以上の3つの準備は、簡単なことですが、実際にやってみると、翌朝の

行動がすごくスムーズになります。

気持ちの良いことを習慣にすることで、夜も穏やかに眠ることができます。

スポンサードリンク

 

-92睡眠