16自律神経 2 ダイエット

やせやすい体は自律神経がつくる

健康的にやせる方法

健康にキレイにやせる方法があるのです。

そのカギは自律神経にあります。

 

自律神経の機能を高めることにより、健康的に美しくやせることが

できます。

スポンサードリンク

自律神経の働き

心臓や胃腸、肝臓など内臓の器官は、人の意思に関係なく動き続けています。

これらは、すべて自律神経の働きによるものです。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は、活動時に

優位に働き、副交感神経は体を休ませているとはに優位となります。

交感神経が働けば、筋肉が緊張し、心臓の動悸が速くなります。

逆に副交感神経が優位に働けば、胃腸の動きがよくなり、消化液の

分泌が高まります。

 

交感神経は、主に日中に働く神経で、副交感神経は、夜に働く神経と

考えればよいと思います。

 

自律神経が食欲と体脂肪率を決めていた

互いに相反する2つの自律神経は、そのときどきの状況や体内環境に

よって切り替わり、どちらかが優位となると、もう一方は抑制される

よえになっています。

 

たとえば、暖かい室内から寒い室外へ出たとき、ぶるっと震えます。

これは、交感神経が筋肉を動かして、発熱させているのです。

逆に暑いところへ出ると汗が出ます。

これは、副交感神経が働いて、汗腺を広げて発汗を促すためです。

 

自律神経は、呼吸するときでも休みなく働いています。

24時間働き続けることで、血圧や心拍数、体温、血糖値などを細かく

調節しているのです。

 

そして、体重をコントロールするために、「食欲」と「体脂肪燃焼」

の役割を果たしているのです。

人は、食べ過ぎたら食欲が落ちてきますし、脂肪が増えてくれば、

余分な体脂肪を燃やすようにできています。

 

自律神経を鍛えて、その活動を促進することで、体重のコントロール

ができ、やせやすい体に変わることができるのです。

スポンサードリンク

 

-16自律神経, 2 ダイエット