2 ダイエット

結果の出せるダイエット !

肥満は病気の原因となる

「肥満」とは、脂肪が過剰に蓄積した状態のことをいいます。

肥満になるとさまざまな不調を引き起こし、糖尿病や脳卒中などの

重大な疾病につながることもあります。

 

また、欧米などでは「肥満は意志の弱さの現われ」といわれることもあり、

強い意志の力を求められる役職には就けないこともあるようです。

肥満は、健康面からも自己管理の面からも、仕事と無関係ではないと

いえるのです。

スポンサードリンク

肥満の原因

運動不足

現代では、移動は電車や車、会社内ではエレベーターを使うなど、

日常生活において歩く機会は少なくなっています。

また、忙しさなどから、運動から遠ざかっている人も多いのです。

 

運動不足が慢性的に続くことで、蓄えられた脂肪を消費することができず、

肥満につながるのです。

 

食生活の乱れ

「過度な食事によるカロリー過多」「間食など食事回数の増加」

「急いで食べる」などの食生活の乱れは肥満につながるだけでなく、

身体へ大きな負担を強いることになります。

食生活の乱れは、忙しさやストレスなど現代の私たちの生活習慣と密接な

関係にあります。

 

現代社会において、忙しさやストレスのない生活を送ることは難しいため、

自身でうまくコントロールし、偏った食生活にならないように気を配ら

なくてはなりません。

 

酒の飲み過ぎ

アルコールにはそれ自体のカロリーの他、食欲を増進させたり、「満腹中枢」

を麻痺させたりする効果もあるといわれています。

酔ってくると次から次へと何かを食べてしまうといった経験があるのでは

ないでしょうか。

 

いわゆる「ビール腹」は、ビールそのもののカロリーよりも、一緒に

食べるおつまみのカロリー過多のほうが原因となることが多いのです。

 

このように、肥満の原因をみてみると、カロリー過多が問題となって

いるものの、調整がうまくできないことが一因となっていることが分かります。

 

肥満を解消するには、「多少食べ過ぎても運動すればよい」という

甘い幻想は捨て去ることです。

 

脂肪1キログラムが消費されるには約7200キロカロリーの運動量が必要と

いわれます。

時速7 キロメートル程度のジョギングを1時間した場合の消費カロリーの

目安は約500キロカロリーしかありません。

 

運動によるダイエットがいかに大変なものであるかが分かります。

 

つまり、肥満を解消するためには、まず、摂取するカロリーを制限する

ことが最も効果的かつ現実的なのです。

もちろん、運動を習慣化することも大事なことです。

 

そのために継続してできることを毎日実行することで、結果の出る

ダイエットができるのです。

スポンサードリンク

 

-2 ダイエット