5 若返り

アンチエイジングは病気を予防する !

2018/07/02

アンチエイジングの目的

アンチエイジングの目的は、老化を予防することで、寝たきりを防いで、

認知症やガン、さらには、シミやシワまで予防することです。

人の自然な願望といえます。

 

アンチエイジングは、病気や老化現象が出てから対処するのではなく、

それらの疾患や老化現象が出にくくする。

つまり予防の医学なのです。

 

昔ながらのゲームに「モグラたたき」がありますね。

モグラが顔を出してハンマーで叩くと、また次のモグラが出てきます。

モグラ(病気)が出ないようにすることがアンチエイジングとなります。

つまり、老化によって現れる病気の出現を遅らせることです。

 

最新の研究によると、長寿によって老化に伴う現象の発現を遅らせることが

可能だと考えられています。

老化に関する病気の発現までの期間は、寿命の長さに比例するらしいのです。

アンチエイジングで長寿を目指すことにより、老化に伴う病気に対する

予防方法となります。

スポンサードリンク

老化のサインを逃さない

日常生活では、誰もが「しんどい」と感じることがあります。

特に40歳を過ぎた頃から、大半の人が1日の仕事が終わったら「しんどい」

と感じることが多いと思います。

 

しかし、90歳代でも元気な人に聞いてみると、90歳までは、しんどいと

感じたことはないそうです。

この「しんどい」ことが老化のシグナルではないでしょうか。

 

「しんどい」シグナル

人は、筋肉疲労が起きたときにも「しんどい」と感じます。

激しい運動をすると筋肉に乳酸がたまり、それ以上筋肉が動かなくなります。

 

筋肉内に乳酸がたまると、酸性状態が強くなり、筋肉はそれ以上収縮する

ことができなくなります。

つまり、筋肉疲労の状態になり、「しんどい」というシグナルを出します。

筋肉だけではなく、すべての細胞でエネルギーが枯渇仕掛けると「しんどい」

シグナルが出されます。

 

アンチエイジングの実現

アンチエイジングの実現のヒントは、元気であり続けることです。

いま、「しんどい」と感じている人は、どこかの細胞が確実にエネルギー

不足に陥っています。

 

その積み重ねが老化につながっていきます。

たとえ見た目の若さや美しさに関心がない人でも、アンチエイジングに

より疲労回復も可能となります。

スポンサードリンク

 

-5 若返り