1 健康長寿

解毒・代謝の食生活 !

天然の自然食品を食べる

野菜や穀物などの植物性の食材は、できる限り無農薬、非加工などの

自然食品を摂るようにすることが大切です。

それは、自然の中で生き延びてきた生物で、原則的に毒は含まれていない

からです。

 

農薬も基準以上であれば、長時間食べ続けると安全ではありません。

無農薬・低農薬の野菜なら、皮付きのままで安心して食べられます。

多くの野菜は皮の部分に栄養が集まっているからです。

 

もし、無農薬の野菜や果物が手に入らない場合は、野菜や果物を

一晩かあるいは数時間、水に浸けたあとに食べるようにします。

水に漬けることによって、農薬の大半は落ち、また栄養が失われる

ことはありません。

スポンサードリンク

加工食品はほどほどに

加工食品に含まれる食品添加物も同様です。

加工食品、調理済み食品には、合成着色料、保存料、酸化防止剤などが

含まれていることが一般的です。

 

しかし、現代では加工食品や調理済み食品は一般化していて、これらを

一切使わないというわけにはいきません。

 

できるだけ控えめにする、時間があれば手作りで料理する、

などの工夫が必要です。

 

また、加工食品や調理済み食品を食べるときは、青汁や生ジュース、

生野菜・果物などを食事の前に摂るとよいのです。

これらに含まれる抗酸化物質や葉緑素などの成分が毒消しになります。

 

水は天然水を飲む

水は水道水ではなく、天然水を飲むようにします。

全身の約60%を占めている水は、代謝に不可欠なもので、水の選択は

大変重要です。

 

日本の水道水は、世界の中では安全なのですが、逆に安全のために

塩素を添加していますから、場合によっては動脈硬化の要因となります。

これは体内で活性酸素を増やすので、お茶などの飲用にはできるだけ

水道水ではなく天然水がおすすめです。

 

通常は、ペットボトル入りのミネラルウォーターで十分です。

市販のお茶やコーヒーなどの缶入り飲料などには、多くの添加物が

入っているので控えめにすることが大事です。

スポンサードリンク

精製食品。加工食品には栄養素欠落

ビタミン・ミネラルなどの栄養素は微量栄養素といわれ、多量には

必要ありませんが、不足すれば深刻な欠乏症を引き起こします。

 

特に、糖質やタンパク質、脂質という主要栄養素を摂り入れたときに

ビタミン・ミネラルが不足すると代謝障害を起こし、生活習慣病を

促進します。

精製食品や加工食品ではこれらが欠乏しやすく、要注意です。

 

その代表が、精製された砂糖や塩です。

精製された砂糖の主成分はショ糖で、さまざまな加工食品や菓子類に

使用されています。

代謝に必要なビタミン・ミネラルが欠落していますから、高血圧などの

症状を引き起こします。

甘味が欲しいときは、黒糖、オリゴ糖、ハチミツなどを使用します。

 

精製された塩もマグネシウムやカルシウムが失われて、ナトリウムに

偏りすぎてしまい、細胞のミネラルバランスを崩します。

岩塩や天日塩などの天然塩を使うとミネラルバランスが保てます。

 

精製された白米も同様です。

胚芽に含まれるビタミンB群の欠乏により、高血糖や代謝障害を起こします。

白米を食べるときは、緑黄色野菜、豆、海藻などと一緒に食べることを

おすすめします。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿