1 健康長寿 オイル

オリーブオイル、ごま油、菜種油が健康食用油 !

動物性油脂が敬遠される理由

動物性油脂は、飽和脂肪酸を多く含んでいます。

飽和脂肪酸は、不飽和脂肪酸よりも融点(固体から液体に変わる温度)

が高いことです。

 

つまり、人よりも体温の高い牛や豚などに含まれる飽和脂肪酸は、

人の体温では固まりやすく、血液をドロドロにしやすいのです。

また、飽和脂肪酸には、LDL(悪玉)コレステロールを増やす作用があるの

ですが、LDLコレステロールは、体内で活性酸素によって酸化されると、

血管内にたまりやすくなります。

 

こうして、ドロドロ血液と酸化したLDLコレステロールが動脈硬化を

生み出して、心疾患などを引き起こすのです。

以前は動物性油脂のバターなどが一般的でしたが、中高年では、

植物油を摂るほうが無難といえます。

スポンサードリンク

市販の植物油はオメガ6に偏っている

家庭の食用油は植物油が常識になっています。

しかし、市販の植物油は、紅花油や大豆油、コーン油など、オメガ6

脂肪酸が中心になっています。

加工食品やコンビニの揚げものに使われている油も同様です。

 

オメガ6脂肪酸が多いと、体内では慢性的な炎症が起こり、肌荒れなど

老化が進みやすく、発ガンの原因にもなります。

特にアトピー性皮膚炎の子どもが、スナック菓子を食べ続けていると、

病状が悪化することがあります。

 

これらの植物油や加工食品を摂り過ぎずに、オメガ3脂肪酸を

積極的に摂ることが大切です。

 

オリーブオイル、ごま油、菜種油を常用する

これらの油は、加熱調理にも使え酸化しにくいオメガ9脂肪酸を

多く含むうえに、他の脂肪酸もバランスよく含んでいるのです。

 

オリーブオイルは、オメガ9不飽和脂肪酸であるオレイン酸を多く含み、

母乳の脂肪酸構成に近いのです。

ポリフェノールや葉緑素などを多く含み、抗酸化力にもすぐれているので、

アンチエイジングにもむいています。

 

また、ごまには、抗酸化物質に加え、ミネラルも豊富です。

ゴマグリナンという脂溶性の抗酸化物質は、細胞膜の脂質の酸化を

防止し、細胞の老化やガン化を予防します。

 

他にもセサミン、セサミノールなどの機能成分やミネラルが、

抗酸化力、代謝の促進、脂肪の燃焼などに効果があります。

ごま油には、太白油、太香油があります。

 

トランス脂肪酸の脅威

トランス脂肪酸は、多くの外食産業で使用されている調理用油脂で、

マーガリン、ショートニング、植物油、スナック菓子、フライドポテト

などに使われています。

 

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロール値を上昇させて心疾患のリスクを

高めて、免疫力を低下させて感染症やガンのリスクを高めます。

また、正常な細胞膜を構成できないので、病原体の侵入を防げず、

糖尿病、ホルモン異常、肝臓障害、血栓などの症状を起こします。

 

アメリカでは、トランス脂肪酸の摂取を認可していません。

全面禁止の方向へ進んでいます。

日本では、トランス脂肪酸の仕入れを制限しつつある傾向です。

 

トランス脂肪酸には要注意です。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, オイル