1 健康長寿

健康的な肉・魚料理の食べ方 !

 

肉や油脂は工夫して楽しむ

肉や魚、卵、牛乳などの動物性の食品は、植物性食品と比べて、

食べ方に工夫が必要です。

人は、雑食ですが、本来草食が主です。

しかし、動物性の食品も常に食べています。

 

また、肉食にかたよることもなく適度な量に限定して食べること

によって、健康的に美食を楽しむことができます。

 

油脂の摂り方も健康生活を考える上で重要なことです。

大切なことは、飽和脂肪酸の摂り過ぎが病気を引き起こすのです。

バターなど動物性の脂が敬遠される中、植物性の油脂やDPA・EPAが

健康油として人気です。

 

しかし、油脂は正しく理解していなければ、健康を損ねることに

なります。

現代人は、肉や魚などに多く含まれるオメガ6と呼ばれる脂肪酸を

摂りすぎる傾向があり、慢性炎症を起こしやすいのです。

これは、安価な植物油や加工食品が生活に深く入り込んだ結果だといえます。

 

肉や脂を過剰に摂り続けると、ガンや心疾患、その他の生活習慣病の

原因となります。

これらの食品は、過剰に食べ続けることを避けて、野菜や果物などの

植物性食品と合わせて食べることが大切なのです。

スポンサードリンク

少量の肉食は寿命を延ばす

1980年頃、日本は世界一の長寿を達成しました。

穀物中心の食生活に肉食が加わって、栄養状態が向上し、感染症への

抵抗力が高まったことも原因です。

 

タンパク質は、筋肉、内蔵、皮膚、血液などの素材となり、生命に

とってはなくてはならないものです。

タンパク質は、体内でアミノ酸に分解されて、人の体を作るタンパク質に

再構築されます。

 

人に必要なアミノ酸は20種類ありますが、9種類は体内で合成できないので、

食物から摂る必要がある「必須アミノ酸」です。

肉は、これらの必須アミノ酸をまんべんなく含んでいるので、

効率の良いタンパク源といえます。

 

肉食は人の体に必要不可欠ということではありません。

肉食は、食の楽しみを増やしながら、効率よく栄養を補ってくれるものです。

加齢で半肉が落ちてくると、日常動作が緩慢となり、要介護の原因と

なります。

 

適度な肉食でタンパク質を補機有することは、健康長寿に有効です。

健康な百寿者は、肉も野菜もバランスよく食べているのです。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿