1 健康長寿

健康は、あなたが何を食べているかで決まる !

食事で生活習慣病になる

人の体は、日々の食事によって作られています。

健康であることも病気も食事の積み重ねの結果だといえます。

 

日本では、1996年にガンや心臓病、糖尿病、脳血管疾患、高血圧症、

高脂血症など、それまで、「成人病」といっていたものを「生活習慣病」

と改めました。

これらの病気が年齢ではなく、生活習慣が原因となることがわかったからです。

 

周りをみてみると、多種多様な食物があふれています。

スーパーに行くと、本当に目移りしてしまいます。

そして、その多くの食物の中から、日々あなたが何を選ぶかによって、

あなたの健康状態が決まるのです。

 

健康長寿を願うなら、ただおいしいから、好きだからだけで、

食物を選んではいけないと理解できると思います。

 

どんな人でも、若いときからタバコを吸って、毎日お酒を飲み、

肉中心の食事を食べ、野菜や果物を食べずに、乳製品を食べていると、

60歳頃には、間違いなく生活習慣病になります。

スポンサードリンク

食事でガンが予防できる

ガン患者の食歴をみてみると、動物食(肉や魚、卵や牛乳など動物性の食物)

をたくさんとっていることがわかりました。

とくに、早い年齢で発症している人ほど、早くから動物食を多く、

ひんぱんにとっていることがわかったのです。

 

ガンと診断されたら、転移しているかどうかが心配です。

転移していると、完治がむずかしくなるといいます。

ガンが生活習慣病である以上、どこかにガンができたとき、そのあいだに、

腫瘍にまで成長していないガン細胞が、すでに全身に生まれていると

考えられます。

目に見えないからといって、ガンがないと考えるのは危険です。

 

しかし、食事の改善をすることによって、人本来の免疫力を高めて、

活性化した免疫細胞の働きによって、ガンを抑え込むことができるのです。

 

酵素を多く含む食物を食べる

ライオンなどの肉食動物は、獲物を捕まえた時、必ず「内蔵」から

食べ始めます。

それは、内臓が酵素の宝庫だからです。

カロリーが足りていても、ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂肪

などの栄養が足りていても、酵素が含まれていなければ、命を養う

ことはできません。

 

しかし、その酵素は、熱に弱く、48度から115度で死滅してしまいます。

また、食物に含まれる酵素の量を見きわめるのは、簡単ではありません。

酵素を多く含む食物とは、野菜でも果物でも魚でも新鮮であれば、

酵素の量は多いと思って間違いありません。

新鮮なものを食べておいしいと感じるのは、酵素がいっぱい詰まって

いるからなのです。

 

酵素を多く含んだ食物を食べることを意識して、健康長寿を

達成していきましよう。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿