1 健康長寿

健康のカギは酵素 !

酵素の重要性

酵素は、生物が生きるために行うあらゆる行為を可能にしている触媒です。

動物にしろ植物にしろ生命のあるところには、必ず酵素があります。

植物の種から芽が出るのも酵素が働いているからです。

 

人の生命活動も、多くの酵素によってささえられています。

消化吸収はもちろん、細胞が新しいものと入れ替わる新陳代謝も、

体内に入った毒素を分解し、解毒しているのも酵素の働きです。

そのため、酵素の量と活性度が健康状態に大きく影響するのです。

 

人の体内で働いている酵素は、5000個以上あるといわれていますが、

そのすべてが体内で作られているわけではありません。

酵素には、体内で作られるものと食物として外部からとるものの

二種類があるのです。

 

そして、体内で作られる酵素も、腸内細菌が作り出しているものが

約3000種類あるといわれています。

スポンサードリンク

健康な人は酵素を多く摂っている

ある研究によると、胃腸が健康な人に共通していることは、酵素を

多く含む食物をとっていたということです。

酵素を取り入れるだけでなく、腸内細菌が活発に働く環境をつくる

ことにも役立っているのです。

 

また、胃腸が不健康な人に共通していることは、お酒やタバコの常用、

添加物の多い食事、ストレスの多い生活環境、医薬品の使用などの

酵素を大量に消費する行為です。

 

そのほかにも、良くない食事によって腸内で作り出された毒素や

紫外線やレントゲン、電磁波などを浴びたときに多量にできるフリーラジカル

の解毒にも、多くの酵素が消費されます。

 

健康を維持するためには、体内の酵素を増やす食生活をするとともに、

体内の酵素を消耗する生活習慣を改善することが重要だということです。

 

酵素の量が寿命を決める

酵素は、健康をつかさどるカギとして注目を集めていますが、わかって

いないことはたくさんあります。

そんななかで、アメリカのE・ハウエル博士は、生物が一生のあいだに

作ることができる酵素の総量は、決まっているということを提唱しています。

そして、この酵素を使い切ったときが寿命だというのです。

 

これが真実かどうかはわかりませんが、体内にある酵素の量が、命運を

握っていることは確かです。

体内に酵素が豊富にあれば、生命エネルギーも免疫力も高いといえます。

つまり、体内の酵素の消耗を抑え、十分な状態に保っておくことが健康

に必要なことだということです。

 

酵素を多く含む食物を摂取することは、腸内環境を整え、腸内細菌が

酵素を作るのを助けることにつながります。

酵素の量が生命維持を決めるとすれば、酵素を効率よく摂取・活用する

ことが、健康にとっても重要なことなのです。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿