1 健康長寿 25ストレス

脳を元気にする「快食療法」 !

快食療法とは

食べても満足できなかつたり、脂っこい物や甘い物を食べたくなる

のは、脳が過剰なストレスにさらされたときにおきる自律神経の

正常な作用なのです。

 

このような自律神経の仕組みを利用して、脳を元気にする方法が、

「快食療法」なのです。

好きなものを食べたいだけ、満足するまで、食べていれば本能からの

欲求が満たされ、脳はリラックスすることができます。

 

すると、疲弊感によって過剰反応していた脳も元気になり、十分な

量を食べたときに脳からストップがかかり、自然に箸を置きたくなる

のです。

最初は、多少体重が増えるかもしれません。

しかし、脳を喜ばせていくうちに、必ずベストな体重に戻してくれます。

スポンサードリンク

快食療法の5原則

快食療法には、むずかしい方法はありません。

お腹も気持ちも満たされて、「おいしかった」「しあわせ」と心から

満足できる食事を毎日することです。

 

(1)お腹がすいたときに

お腹がすいてから食べるのが本来の食事です。

満腹になったら食べないというのが、脳のプログラムが正常に

はたらいているのです。

 

朝、朝食をとる。お昼になったからランチをとる。

というのは、脳が発するサインを無視して食べているのです。

本来の食欲を取り戻すために、朝・昼・夜と、決まった時間に食べる

という概念を捨ててみます。

お腹が空いた。という空腹感を感じたら、その時が「快食どき」です。

 

(2)好きなもの、食べたいものを

快食の前に、いま何を食べたいか、そのとき食べたいもの、好きなものを

たっぷり食べてみます。

カロリーは考えないようにします。

あなたが食べたいものは、あなたの脳と体が必要としている食べ物です。

 

食べたいものをしっかり食べて満足感に浸ること。

こうして、脳を喜ばせることが、快食療法の第一歩なのです。

この満足というサインを受ければ、脳は元気になって健康になっていくのです。

 

(3)自分の味覚でおいしく

調理法や味つけも、あなたの好みに従うことが大切です。

脳が疲弊している人は、味覚が鈍り、塩分や糖分の多い味つけを

好む傾向があります。

 

快食療法で、脳が元気になれば、味覚も政治用に戻り、食材の味わいが

わかるようになってきます。

その結果、味つけはしだいに薄くなっていくので、心配はありません。

 

快食療法を始めたら、自分の脳を信じて、あなたの「好き」「おいしい」

を最優先にすることです。

 

(4)まわりの人と楽しく

だれとどんな雰囲気で食べるかということも食事のおいしさを左右します。

どんなごちそうでも、苦手な人と一緒ではおいしく感じられない。

親しい家族や友人とリラックスして楽しく食べられる環境が理想です。

 

一人で食べるときは、テレビを見ながらの「ながら食」をしないことです。

ほかのことに気を取られながらの「ながら食」は、ろくに食事を

味わっていないし、何をどのくらい食べたかもわからなくなり、

快食にはならいのです。

 

(5)心ゆくまで

食べ始めたら、おいしさを味わうことだけに集中して食べます。

五感を全開にして、食事を楽しみます。

そして、ひとつひとつの料理や食材をよく噛みしめて、味わいながら

食べると、食材本来の味が感じられます。

 

食事中は、食べることに集中して、最後まで楽しく食べる。

食べる楽しさと幸せを十分に感じられたら、箸を置けばよいのです。

 

ストレスがたまっている、ダイエットがうまくいかない、

気持ちがすっきりしない、などで悩んでいる人は、

この「快食療法」を実践してみてください。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 25ストレス